このページの本文へ

通知を隠すだけじゃ満足できないあなたに

トラブル回避! 「Windows 10を入手する」を消す方法!

2015年06月05日 15時02分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windwos 10の無償アップグレード予約が開始に

 6月に入って、「Windows 10」の無償アップグレード予約が開始されている(関連記事)。Windows 8.1およびWindows 7を搭載したPCでは、デスクトップ画面右下のインジケーターに「Windows 10を入手する」の項目がいきなり追加されたので、驚いた人も多いだろう。

インジケーターにメニューが表示されている

 ただしこの通知、問答無用で表示され続けるので、「消したい」という人がけっこう多いようだ。予約に興味がない人にとっては確かにそうかもしれない。また、無償アップデートに対応したOSを使っている場合でも、機種によってはWindows 10用のドライバーが用意されない場合がある。メーカー保証を受けられなくなる可能性もあるため、慎重に利用したいところだ。

いったん非表示にするのはけっこう簡単。まずはインジケーターのカスタマイズをクリック
表示された一覧から「GWX」の「アイコンと通知を非表示」に。ちなみにGWXは「Get Windows X」の略らしいこれで隠れているインジケーターの仲間入り

 とりあえず目に見えない所に追いやりたいのであれば、インジケーターのカスタマイズから「GWX」を選択し、「アイコンと通知を非表示」に変更してしまうか、タスクマネージャーからタスクを終了してしまうといい。ただし、この方法では再びPCを起動した場合に通知が復活してしまう。

プログラムを完全に消したい場合は、まずタスクマネージャーからGWXのタスクを終了させよう
コントロールパネルの「プログラムのアンインストールと変更」画面を開き、左メニューから「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック
右上の検索窓からGWXの更新プログラム名である「KB3035583」で検索をかけ、アンインストール。これでプログラム自体は消えるが、完全削除まではもう一息

 完全に通知を消すためには、コントロールパネルから更新プログラムそのものを削除する必要がある。一旦タスクマネージャーでGWXのタスクを終了してからコントロールパネルを起動し、「プログラムのアンインストールと変更」画面を開こう。このままでは更新プログラムが表示されないので、左メニューから「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック。一覧が表示されたら、GWXの更新プログラム名である「KB3035583」で検索をかけ、アンインストール。これでプログラム自体は削除できるが、完全削除には最後にもう一手順が必要だ。

プログラムを消したら、Windows Updateで「更新プログラムの確認」をクリック
「~個の重要なプログラムが利用可能です」をクリック
KB3035583が表示されているはずなので、右クリックメニューから「更新プログラムの非表示」をクリックしよう。これで勝手にインストールされることもなくなる

 要するに、GWXはWindows Updateの「重要なプログラム」なので、放っておくと再びインストールされてしまうのである。KB3035583の削除後、Windows Updateの「更新プログラムの確認」を押すと、重要なプログラムの中に再びKB3035583が表示されているはず。「インストールする更新プログラムの選択」一覧からKB3035583を右クリックし、「更新プログラムの非表示」をクリック。これでようやく、Windows Updateの自動更新の際にも適用されなくなる。

 もし戻したくなった場合は、Windows Updateのメニューから「非表示の更新プログラムの再表示」をクリックすればOKだ。一応れっきとした更新プログラムなので、削除は自己責任で行なって欲しい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART