このページの本文へ

PCIe x4の爆速SSD搭載のX1 Carbonがふるさと納税返礼品に!

2015年04月13日 13時57分更新

文● 小林/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 山形県・米沢市のふるさと納税(ふるさと応援寄付金)の返礼品として、米沢事業場で作られたレノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon」と、「ThinkPad X250」が選ばれた。NEC PCの米沢事業場(米沢工場)では、短納期を目指してThinkPadシリーズの生産が開始されており(関連記事)、3月18日に開催された出荷式でも安部三十郎米沢市長が、同内容についてコメントしていた。

ThinkPad X1 Carbon。写真は米沢生産開始を記念して作られたJapan Limitedモデル。外観などは返礼品で提供されるものと多少異なる。
ThinkPad X250

 対象商品は各100台の限定数。米沢市は返礼品申し込みを4月13日から開始している。主なスペックは下記のとおり:

「ThinkPad X1 Carbon」スペック概要

  • CPU:第5世代インテル Core i7-5500U
  • メモリー:8GB
  • SSD:512GB
  • 光学ドライブ:なし
  • Office:Office Home and Business

「ThinkPad X250」スペック概要

  • CPU:第5世代インテル Core i5-5200U
  • メモリー:4GB
  • HDD:1TB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
  • Office:Office Home and Business

カテゴリートップへ