このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ヒロオカ・ユースケの「IT斬鉄剣」第17回

今宵、ヒロオカ・ユースケが試してみた!!

“Airより薄いノート” Chiは本当にデキるマシンなのか?

2015年03月20日 20時30分更新

文● ヒロオカ・ユースケ、題字● 能登有沙、
動画● 鈴木誠史、編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

洗練され、高級感に溢れている!

 まずは通常どおり外観をば。表面はマットに仕上げられており、落ち着いた雰囲気。様々なシーンに合いそうな印象を受ける。

 よく見ると、ボディやタッチパッドのエッジ部分にはダイヤモンドカット加工が施してあり、マットな質感と相まって非常に洗練され、高級感に溢れている。

 では、次に肝心の機能・性能を見ていくとしよう。起動してみると、今度はその画面の美しさに目を奪われる。

 WQHD(2560×1440ドット)という高解像度な液晶は、鮮明なだけでなく、視覚野も非常に広い。複数人でも見やすそうだ。キーボードの打鍵感もしっかりとしていて、打ち心地が非常に気持ち良い。

この接続部、優秀ではないか!

 そしてこのキーボード、タブレット部とはBluetoothで接続されている。そう、ここで最大の特徴とも言える着脱機構を見ていきたいと思う。

 いざ! 

 ……ん? かなーり簡単に外れてしまったが大丈夫であろうか? どれ、一旦戻してもう一度っと……。

 っ!! この接続部、非常に優秀ではないか!! マグネット式の着脱部により、簡単ながらも、しっかりと固定されており、全くゆるまない。

 そうそう、ゆるまないと言えば忘れておった。きいたところによるとこの製品、アルミニウムの塊から削りだしているため、本体も非常にしっかりとして全くたわまないのだ。

 うむ、これは「脱着式モバイルノートの進化系」という言葉に嘘偽りなし!!! 簡単に外せ、ラップトップ、タブレットと2つのモードの行き来が本当にスムースだ。

うむ!! 

タブレット部も非常に美しい!

 では今度は取り外したタブレットに関して。まず、繰り返しにはなるが、やはり非常に美しい!!

 元より単体のタブレット製品であるかのような美しさがあるのだ。この点は他の脱着式とは一線を画すのではなかろうか。いや、確実に一線を画している!! 

 そして更に見ていくと両サイドにスピーカーが搭載されている。このDual Speakerがまた高性能な代物なのだ。

 ASUSのサウンドスペシャリストたちが開発したという「ASUS SonicMaster」に対応しているため、小型のスピーカーながら、なかなかの迫力を再現してくれるぞ。臨場感あふれるサウンドはタブレットで動画や映画を見るなど、さらなる利用シーンの拡張に繋がるであろう。

デキるオーラを随所に感じる

 ASUSのほかのラインアップに比べると、15万円前後と少々値が張るが、この製品は、見た目や性能など、すべてにおいて高い水準に達しているといえる。

 Chi、中国後で氣を意味する言葉だそうだが、まさに! デキるオーラを随所に感じたぞ!! 

 うぅ……また物欲を唆る物を斬ってしまった……。したらば、これにて御免!! 

廣岡優介(ひろおかゆうすけ)

7月14日生まれ 東京都出身

スタイルキューブの若手男性声優企画【Jugend Stil】(ユーゲントシュティール)メンバー。声優としてPS3「フェアリーフェンサーエフ」、PS4「オメガクインテット」への出演のほか、毎週金曜日21時〜配信中のUstream番組「Jugend Stil週間定例報告」に出演中。特技は各携帯キャリアの販売スタッフ経験を活かした“携帯アドバイス”。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ