このページの本文へ

新方式の連写合成でスマホでも暗所撮影が一眼デジカメなみのノイズレスに

東芝、スマホでも大型センサー並み高画質を実現「無限高画質」を開発

2015年03月16日 16時16分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
無限高画質のしくみ   

 東芝は3月13日、スマホや車載カメラに搭載される小型撮像素子でもデジ一眼機のような高画質を実現する「無限高画質」技術を開発したと発表した。

 小型撮像素子の高画素化が進み、1画素あたりの受光サイズが減少していることから受ける光に対してノイズの影響も大きくなり、露光時間を長くすると手ぶれしやすくなるという問題がある。

 連写した画像を重ねあわせることで増やして手ぶれも補正する連写合成の技術は、現在でもスマホやデジカメのうちいくつかの機種に搭載されているが、撮影画像を保持するためにメモリー消費が大きく、合成する画像の枚数に制限があるためノイズ低減にはさほど効果が見込めなかった。

通常の暗所撮影では画像にノイズが混じるが、無限高画質技術を用いることでノイズのない画像が得られる 

 東芝が新たに開発した無限高画質技術は、連続的に撮影される画像に対して独自の動き検出技術で手ぶれを補正しつつ、画像1枚分のメモリーで順次合成するというもの。複数画像の合成なのでランダムノイズを除去できるとともに、被写体の輪郭を重ねあわせることで鮮明な画像とする。

 東芝では、この技術をスマホやタブレット、車載・監視カメラ、内視鏡などへの実用化に向けて開発を進めるとしている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中