このページの本文へ

ゲーム内アイテムつき! Ingress公式モバイルバッテリー発売

2015年03月14日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 拡張現実を利用したスマートフォン向けゲーム「Ingress」仕様のモバイルバッテリー「cheero INGRESS POWER CUBE 12000mAh」(型番:CHE-058)が発売。Smart Laboアトレ秋葉原にて店頭販売中だ。

Ingressの世界をイメージした、公式コラボのモバイルバッテリーが発売。スマホの電池残量を気にせず楽しめる、エージェント必携のアイテムだ

 拡張現実技術を利用した世界規模の“陣取りゲーム”として知られる、Ingressの公式モバイルバッテリー。メーカーは「ダンボー」のコラボバッテリーで有名なcheeroで、容量は12000mAh。画面操作やGPSの常時稼働などスマートフォンのバッテリー消耗も大きいゲームだけに、ポータルを巡る“エージェント”には必携のアイテムと言えそうだ。

 ボディー中央にIngressロゴ、周辺にはポータルを思わせる緑(Enlightened)と青(Resistance)の光点をレイアウト。サイドの切り替えボタンを押すことで、合計6種類のフェイスイルミネーションを楽しむことができる。

USB出力ポートは2基搭載。側面には電源ボタンのほか、イルミネーションパターンの切り替えボタンも備えている
背面にもIngressロゴを配置。ユーザーならずとも欲しくなりそうなカッコよさだ。ちなみにパッケージには、専用ポーチやゲーム内アイテムのシリアルが記載されたカードが入っていた

 出力は5V/2.1Aと5V/1Aの2ポートを搭載。入力は5V1.6Aで、本体充電時間は約10時間。なお、パッケージにはmicroUSBケーブルと専用ポーチのほか、ゲーム内アイテムが入手できる「MODカード」も同梱されている。

 店頭における販売価格は5537円(税抜)だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART