このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

今、買うべき春デジギア 2015 ― 第2回

速さこそ正義!

「RT-AC87U」 - 最大1734Mbps+600Mbps、“爆速”をデザインした11acルーター

2015年03月19日 11時00分更新

文● 高橋量、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今やAV機器は、ネットに接続して利用するスタイルが当たり前となった。だが複数の機材を利用しているとLANケーブルの抜き差しや取り回しが必要となり、面倒に感じることも多い。

 そんな人にオススメしたいのが、ASUS製Wi-Fiルーターのフラグシップモデル「RT-AC87U」だ。4×4 MIMO対応で最大通信速度が1734Mbpsと超高速な点がウリで、デザインも十分に洗練されている。ホームシアターやAVラックに配置しても違和感がなく、インテリアの一部としてあえて見える場所に設置したいWi-Fiルーターだ。

洗練されたデザインでホームシアターにも違和感なく溶けこむASUSのWi-Fiルーター「RT-AC87U」。本体カラーはつや消しのブラック。天面両脇のテクスチャーが、織り込みのカーボンファイバーのような雰囲気を醸し出している

AV機器ともマッチする本体デザイン

 「RT-AC87U」のボディデザインは直線的で、まるでステルス戦闘機のような雰囲気だ。そう考えると、4本のアンテナは刀剣や銃身のように見えなくもない。いかついイメージだが、AV機器と筐体デザインのインパクトで張り合うならば、これくらいの主張があるほうがいい。

 本体サイズは幅289.5×奥行き167.6×高さ47.5mmだ。4本のアンテナを取り付けた状態で、アンテナを含めた高さは実測で185mmとなる。

 実際にリビングやオーディオルームに設置してみると、部屋全体の雰囲気を損なうことなく、それでいてインテリアとしての存在感がある。高価なAV機器のそばに置いても埋もれることなく、しかし自己主張しすぎるわけでもない。ピッタリとマッチする印象だ。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART