このページの本文へ

スマホの画面を見やすくするスタンド型の拡大鏡

2015年02月19日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 置くだけでスマートフォンの画面を拡大してくれる「スマホ大画面化スタンド」(型番:TABZOM68)がサンコーから発売。モバイルバッテリー付きモデル「スマホ大画面化モバイルバッテリー」(型番:SMAZOM87)と合わせ、サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて店頭販売が始まっている。

行間や画角を変えることなく、スマホ画面をそのまま拡大してくれる拡大鏡が登場。スタンドオンリーのシンプル版とバッテリー内蔵版からチョイスできる
5.5型以下の端末に最適な、シンプルモデル「スマホ大画面化スタンド」。折り畳めば、薄型のタブレットケースのようなスタイルに

 スマートフォンの画面が小さくて、日常的にピンチ操作を多用している……そんな人にピッタリなお役立ちアクセサリが発売された。スタンド一体型の拡大鏡で、置くだけで画面が拡大、行間や画角を変えずに見ることができる。

 最大倍率は約3倍で、見る位置が遠くなるほど拡大される仕組みになっている。ちなみにiPhone 6の画面全体を収める場合は約1.5倍の拡大率が最適で、そのため5.5型以下の端末使用が推奨されている。

 また、拡大鏡は折りたためば薄さ12mmと、スリムかつコンパクト。タブレットケースのような感覚で手軽に持ち歩くことができる。

こちらは同時発売のモバイルバッテリー搭載モデル「スマホ大画面化モバイルバッテリー」。Lightning・ドックコネクタ・microUSBの三又ケーブルも付属している

 そして同時に4,000mAhのモバイルバッテリーを搭載したモデルも発売。充電しながら動画を視聴する際に最適なほか、通常のモバイルバッテリーとして持ち歩いてもいいだろう。

 ちなみにこちらはプラスチック製のカッチリした作りで、拡大鏡もやや大型化。推奨端末もiPhone 6 PlusやXperia Zシリーズなど、6.4型までの大型スマートフォンが挙げられている。厚みは29mmとややサイズアップしているものの、もちろんこちらも折りたたんでコンパクトに収納可能だ。

 スマホ大画面化スタンドが1580円、スマホ大画面化モバイルバッテリーが5280円で販売中。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART