このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第185回

現金払いでクレカ番号をゲット! ネット決済にVプリカを活用する技

2015年01月30日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネット決済はクレジットカードが基本。とはいえ、海外のウェブサービスを利用する際、手持ちのクレジットカードが弾かれてしまうこともある。またクレジットカードを持っていない人もいるだろう。そんな時は、現金払いでクレジットカード番号を利用できる「Vプリカ」がお勧め。今回は、ネット専用のVISAプリペイドカードを活用する技を紹介しよう。

コンビニ支払いでクレジットカードが利用できる

先払いでネットで使えるVISAカードをゲットする

 ネットショップで商品を購入したり、ウェブサービスを契約する際、クレジットカードが必要になることが多い。日本のサービスであれば、日本で作ったクレジットカードはほぼ利用できるが、海外のサービスだと弾かれることがある。そこで複数のカードを持っている人もいるだろう。とはいえ、手持ちのカードがすべて対応していないとアウトだし、そもそもクレジットカードを持っていない人もいるだろう。

 また、海外のマイナーなウェブサービスだと、クレジットカードを登録することそのものがリスクになる可能性もある。怪しいサイトにクレジットカード番号とセキュリティコード、名前を渡したら、不正利用されかねない。決済には大手サービスを使っていても、契約を解除する方法がわからないと引き落としが続いてしまうこともある。この場合は、専門業者に解約手続きを依頼するといったコストが発生してしまう。

 それでもネットサービスを利用したい、という人にお勧めなのが「Vプリカ」だ。インターネット専用のVISAプリペイドカードで、クレジットカードと同じように利用できる。カードそのものは発行されないので、ネットのみで使えるサービスだ。申し込みは18歳以上であればOKで、審査が不要。無料のアカウントを作成すれば、すぐに有効になる。

 クレジットカードの記載名は当たり前だが、本名になっている。しかし、VプリカはニックネームでもOK。本人確認資料や銀行口座の登録も不要なので、手間がかからない。しかもプリペイドカードなので先にお金をチャージしておき、それ以上は引き落としされるようなことがないので、万一の際も安心なのだ。

 使い方は簡単。ネットもしくはコンビニの端末で「Vプリカ発行コード」を入手し、Vプリカのウェブサイトでカードにチャージすればいい。コンビニはセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスを始め全8チェーンに対応している。今回はサンクスの端末で購入してみた。

 端末操作は簡単。券種や金額を選択し、レシートを持ってレジで支払えばいい。代わりに、発行コードが記載された紙がもらえるので、忘れないこと。

「ネットプリカ」をタッチ。画面はのぞき見防止処理が施されており、写真の写りが悪い「電子マネー」をタッチ
「Vプリカ」をタッチ購入する金額をタッチする。2000円分なら2200円となり、200円はコンビニの手数料だ
18歳未満は購入できない
確認したら、「次に進む」をタッチ
「はい」をタッチ
レシートが出てくるので、レジでお金を支払う
コンビニで発行してもらったコード。間違ってもSNSなどに写真をアップしないように

次ページでは、「Vプリカのアカウントを取得する

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン