このページの本文へ

「NetScaler 24000シリーズ」最大150GbpsのL7スループットをサポート

シトリックス、NetScalerのハイエンドモデル4製品を発売

2014年09月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シトリックス・システムズ・ジャパンは9月24日、「Citrix NetScaler 24000シリーズ」を発表した。L7レベルのスループットを重視した、サービスプロバイダー/コンテンツ事業者/大規模エンタープライズ向けのハイエンドモデル4製品で構成される。

NetScalerの新製品、ハイエンドモデル「Citrix NetScaler 24000シリーズ」

 NetScalerは、負荷分散や高速化、セキュリティの機能をオールインワンで提供するADC(アプリケーションデリバリコントローラ)製品。物理アプライアンスのMPX、仮想化プラットフォームを搭載したマルチテナントモデルのSDX、そして仮想アプライアンスのVPXという3形態で提供されている。

 今回発表されたNetScaler 24000シリーズは、最大150GbpsのL7スループットをサポートするMPX 24150とSDX 24150、最大100GbpsのL7スループット対応のMPX 24100とSDX 24100という4製品で構成される。追加ライセンスの購入でMPX/SDX 24100から24150へのアップグレードが可能。また、NetScalerは最大32台までクラスタ化ができるため、合計スループットは最大3Tbpsに達する。

 NetScaler 24000シリーズはすでに提供が開始されている。MPXスタンダードエディションの参考価格(税別)は、MPX 24100が2524万5000円から、MPX 24150が4083万7500円から。またSDXは、SDX 24100が3935万2500円から、SDX 24150が5940万円からとなっている。

NetScaler 24000シリーズを含むNetScalerのラインアップ

カテゴリートップへ

ピックアップ