このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

秋の風景を撮るのに適したデジカメはコレだ! ― 第1回

月をキレイに撮るなら……50倍超コンデジ or APS-C一眼レフ!?

2014年09月09日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 そろそろ季節は秋である。秋の風景というといろいろ思い浮かぶが、各々のシーンを残しておくのに最適なデジタルカメラというものがある。

 本特集では秋の風景を切り取るのにうってつけのデジカメを紹介していく。

 第一回目のお題目は「秋の月を撮るなら何はともあれ超望遠?」。秋は空気中の水蒸気量が少ないため、きれいな月が見られる季節と言われている。そんな秋の月を、レンズ交換式で広角から超望遠まで対応可能なデジタル一眼レフと、レンズは固定されているものの、高倍率ズームを採用しているコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とで撮り比べてみた。

 なお、コンデジと言っても決してコンパクトではない。ズーム倍率が20倍前後程度なら十分にコンパクトなデジカメはあるが、今回は光学60倍クラスのレンズ一体型なので、大きさはエントリークラスのデジイチに匹敵する。

 しかし採用している撮像素子の大きさは1/2.3型と、まさにコンデジなので便宜上コンデジとして分類させていただく。

月を撮るなら小さい撮像素子の高倍率ズームか
大きい撮像素子の中望遠一眼レフか!?

パナソニック「LUMIX DMC-FZ70」 ニコン「COOLPIX P600」
今回試用したパナソニック「LUMIX DMC-FZ70」とニコン「COOLPIX P600」
「PENTAX XG-1」 同じく試用したリコー「PENTAX XG-1」

 月ほど遠くて小さい被写体なら余程の望遠レンズが必要になってくる。参考程度だが、月の見た目の大きさは太陽よりもちょっとだけ小さい。

 太陽を35mm判のカメラで撮影した場合、1000mmの焦点距離でフィルム面に約1cmの大きさに結像する。35mm判のフィルムサイズは24×36mmなので、焦点距離1000mmのレンズで月を撮影した場合には、面積的には短辺の長さの約1/3程度の直径の大きさに写すことができる(ちなみに、基本的に太陽をそのまま撮影してはいけない)。

 このため画面の中でどれくらいの大きさに写るのかはスペックに書かれている35mm判換算の焦点距離を見てイメージしてみるといい。

 とは言っても、そう簡単にイメージが出来ないだろうが、ちょっとした知識として覚えておいて損はないと思う。

 実際の所、月をアップで撮るには1000mmクラスの超望遠レンズが必要になってくるが、一眼レフで1000mmクラスのレンズを用意するのはあまり現実的ではない。

 というか、現行品では製品そのものがあまりない。一番焦点距離の長いレンズでも800mm程度でサードパーティー製のズームレンズでも80万円弱、メーカー純正だと100万円を余裕で越えてしまう上、全長40cmオーバー、重量4kg超えと大きく重く、よほど専門的に使うのでなければプロでもそうそう持ってる人はいないと思われる。

「EOS Kiss X7」のダブルズームキット
「EOS Kiss X7」のダブルズームキット

 一般的なデジイチならダブルズームキットに付属してくる望遠ズームレンズで最長250mmくらいが一般的だろう。

 しかし、コンデジに目を向けると意外にも1000mmクラスを超える超望遠レンズはそれほど敷居の高いものではない。50倍以上の光学ズームを採用して、望遠側では1000mmを優に超えてしまうようなコンデジが結構安価に発売されている。

 ただし、採用している撮像素子はコンデジで多く採用されている1/2.3型サイズが多く、画質的には不利なはず。そこで、ズーム倍率こそ足りないが、コンデジに比べて画質の高いデジイチのそこそこの望遠レンズで撮影したデータをトリミングしてみたらどうだろうか?

 月を撮った写真をその後何に使うかによるが、PCの壁紙やSNSサービスへのアップロードなどの使用目的ならデータサイズはフルHDサイズ(1920×1080ドット)で十分だ。

 フルHDはだいたい200万画素くらいのデジカメで撮影したのと同じピクセル数で、デジイチの撮像素子の1800万画素クラスに比べるとかなり小さい。ピクセル数だけで単純に計算すると、1800万画素の面積の中には200万画素の面積が9つ収まる。

 つまり、1800万画素を縦横で3分割し、その真ん中となる200万画素分だけをトリミングすれば、250mmのレンズが750mm相当の超望遠レンズに早変わりする。

 1000mmクラスにはちょっと及ばないが、それでも十分な焦点距離になるのではなかろうか?

 そういう訳で、光学50倍オーバーの倍率を持つコンデジと、ダブルズームキットセットのエントリークラスのデジイチとで月を撮り比べてみた。

(次ページに続く、「パナソニック LUMIX DMC-FZ70」)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART