このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第369回

しっとり感がいい! ニコン「D600」で撮る夏の神社仏閣猫

2014年08月22日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
愛知県知多地方のとあるお稲荷さんで。子猫も含め猫がたくさん現われたので、文字通り這いつくばって撮ってみた(2014年8月 ニコン D600)
愛知県知多地方のとあるお稲荷さんで。子猫も含め猫がたくさん現われたので、文字通り這いつくばって撮ってみた(2014年8月 ニコン D600)

 蒸し暑い夏が続いたり、地域によっては雨が続いたりしておりますが、そんな残暑、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 夏、アスファルトの上は暑くてたまらんわけですが、大きな神社やお寺に一歩入ると、森や竹藪をすーっと風が吹き抜けて良い感じになっていくもの。

 というわけで、ほどよく神社仏閣猫の写真が溜まったのでここにお披露目。

 神社やお寺に猫って似合うのだよね。しっとり感がいい。

 まずはお寺猫。

お寺の古いお堂の隅にちょこんと座ってこっちをじっと見ているチャトラ。この微妙な距離感がいい(2014年7月 ニコン D600)
お寺の古いお堂の隅にちょこんと座ってこっちをじっと見ているチャトラ。この微妙な距離感がいい(2014年7月 ニコン D600)

 カメラを向けたらちょっと警戒して、お堂の隅に隠れてこっちをじっと見ているのだ。その少し首を傾げた表情がよかったので1枚。

 実はこの日、お寺の境内で盆踊りの準備をしており、猫たちは人混みを嫌って裏に避難してたのだ。おかげでいろんな猫を出会えてある意味ラッキーなのである。

 このお寺、最近、境内の整備をしているらしく、真新しい竹の枝折戸(しおりど)ができ、古いお地蔵さんが1ヵ所に集められてた。

 その奥にいる猫を、並んだお地蔵さんを前景に撮影。

お寺ではできるだけお寺っぽい前景か背景を入れて撮りたいもの。このときは猫より前景のお地蔵さんを重視した構図にしてみた(2014年7月 ニコン D600)
お寺ではできるだけお寺っぽい前景か背景を入れて撮りたいもの。このときは猫より前景のお地蔵さんを重視した構図にしてみた(2014年7月 ニコン D600)

 一番面白かったのはこれ。

高さは1m20cmくらいか。かつてはお寺にあるべき何かであった石の柱も今は猫のお昼寝場所。ちょっと高いのが猫的にはよいようだ(2014年7月 ニコン D600)高さは1m20cmくらいか。かつてはお寺にあるべき何かであった石の柱も今は猫のお昼寝場所。ちょっと高いのが猫的にはよいようだ(2014年7月 ニコン D600)

 猫が円形のスペースにきれいに丸くなってお昼寝してたのだが、よく見ると、こんな場所だったのだ。

 元が何だったのかすでにわからないけれども、大きな石灯籠だろうか? それとも石で作られた何かの一部だったんだろうか?

 ともあれ、ほどよい高さとほどよい面積があれば、そこは猫の昼寝場所である。

(次ページに続く、「神社の赤い色がいいアクセントになる!」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART