このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東芝「dynabook KIRA L93」の7スタイルを使いこなせ!第2回

自由自在に変形するコンバーチブル&デタッチャブルPC

「dynabook KIRA L93」をさらにデュアルディスプレーで使うと作業が捗る

2014年08月22日 09時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook KIRA L93」に外付けディスプレーを追加した「デュアルディスプレーススタイル」の運用方法をご紹介

  東芝の「dynabook KIRA L93(直販モデルは「dynabook KIRA L93/W9M」)」は、液晶ディスプレーとキーボードと分離させることで7種類のスタイルに変形可能な「2-in-1」ならぬ「7-in-1」タイプの13.3型モバイルノートだ。会社のデスクでは生産性の高いクラムシェル型ノートとしては、あるいは自宅では手軽なタブレットとしてといったように、利用シーンに合わせて最適なスタイルで利用できる。だがさらに周辺機器やアクセサリーを追加することで、「dynabook KIRA L93」をより便利に使うことができるのだ。

 そこで8種類目のスタイルとして、外付けディスプレーを追加した「デュアルディスプレースタイル」を提唱したい。今回はそのメリットと運用方法について紹介しよう。

2560×1440ドットの液晶ディスプレーを搭載した13.3型モバイルノート「dynabook KIRA L93」
試用機の主なスペック
製品名dynabook KIRA L93
型番L93/W9M
CPUCore i7-4610Y(1.70GHz)
メインメモリ8GB
ディスプレー(最大解像度)13.3型(2560×1440ドット/WQHD)
グラフィックス機能インテル HD グラフィックス 4200(CPU内蔵)
ストレージ約256GB SSD
光学式ドライブ-
通信機能無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0端子×2、microHDMI端子
内蔵カメラ前面:約92万画素ウェブカメラ、背面:約500万画素ウェブカメラ
メディアスロットSD/SDHC/SDXCメモリカード
テレビ機能-
サウンド機能harman/kardonステレオスピーカー
本体サイズ/重量約幅319.9×奥行き227.0×高さ16.9mm/約1.75kg
バッテリー駆動時間約14時間(JEITA1.0)/約11.5時間(JEITA2.0)
OSWindows 8.1 Update(64ビット)
主要ソフトAdobe Photoshop Lightroom 5、CLIP STUDIO PAINT PRO


東芝ダイレクト
 

 

(次ページ、「自由自在に変形するコンバーチブル&デタッチャブルPC」へ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー