このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

キーボードやペン入力など、用途に合わせた7つのスタイルに変形可能

新時代の「7Way」変形ノート!「dynabook KIRA L93」フォトレビュー

2014年05月31日 15時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝の「dynabook KIRA L93」は、キーボードやペン入力など、用途に合わせた7つのスタイルで使用できる13.3型ノートPCだ。

7つのスタイルに変形する「7Wayスタイル」をうたう13.3型2-in-1ノート「dynabook KIRA L93」

 「コンバーチブル&デタッチャブルPC」をうたうdynabook KIRA L93は、タブレット型やデスクトップ型など、1台で7形態もの変形を実現している。多様なスタイルを可能にしたのは、キーボードを外した状態でも本体の一部をスタンドとして利用し、ディスプレーを単独で自立させられる独特の分離方式、および360度回転ヒンジの組み合わせだ。ペン入力に適した浅い角度を保持できるキャンバススタイルなどは、この機構を採用しなければ生まれなかっただろう。変形型ノートPCの新たな形を示した野心的な製品であると言える。

 発売を6月下旬に控える同製品だが、編集部に試作機が届いたので、さっそくスタイルごとの主な特徴を紹介していこう。

製品の主なスペック
製品名dynabook KIRA L93
CPUCore i5-4210Y(1.50GHz)
メモリー8GB(8GB×1)
ディスプレー タッチ対応13.3型WQHD(2560×1440ドット)LED液晶
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4200
ストレージ128GB SSD
通信機能IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0×2、HDMI出力端子(4K対応)
光学式ドライブ
バッテリー駆動時間約9時間/JEITA2.0、約10.5時間/JEITA1.0
本体サイズ/重量約幅319.9×奥行227.0×高さ16.9mm/約1.75kg(キーボード非装着時:1.35kg)
OSWindows 8.1 Update(64ビット)
OfficeOffice Home and Business 2013

オーソドックスな「ノートPCスタイル」

通常のノートPCスタイル

 ノートPCスタイルでは、ワードやエクセルなどのドキュメント編集、メール作成など、通常のノートPCと同じような運用が可能だ。キーボードには打鍵時のたわみが少ないフレームレス構造を採用し、キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.5mmと十分に確保されているため、タイピングにストレスを感じることはなかった。なお、ポインティングデバイスとしてタッチパッドではなくアキュポイントを搭載しているが、これは独特な分離の都合上、キーボード部分を通常より手前へ寄せる必要があるためだろう。

天面には東芝のロゴ、および500万画素のウェブカメラを搭載。右上にちょっと見えているのは本体に収納したサブスタイラスだ
左側面にはマグネット式の電源コネクターおよび接続確認用LED、ヘッドフォン/マイク端子、USB 3.0端子、音量調節ボタンを備える右側面には電源ボタン、HDMI(micro)出力端子、microSDカードスロット、USB 3.0端子が配置されている
前面にはBluetoothオン/オフスイッチ、および充電状況を確認できるLEDが背面はインターフェースなし
キーボードのスイッチ。分離して利用する際はオンにする必要がある
手前にぐっと寄っているテンキーなしのキーボード。分離の都合上、タッチパッドではなくアキュポイントを搭載している

背面カメラも使える「タブレットスタイル」

ノートPCスタイルからキーボードを分離し、折りたためばそのままタブレットスタイルへ移行できる。

分離用のスライドスイッチはスペースキーの下に配置
分離させた状態
本体側の接続部
接続部には付属のゴムパッドを装着し、埃やゴミを防げる
タブレットスタイル。13.3型で画面の大きさは充分だ

 ウェブブラウジングなど、手元で頻繁に画面のタッチ操作をする場合はタブレットスタイルの利用が推奨されている。画面が大きいというメリットはあるものの、重量が約1.3kg(キーボード装着時は約1.75kg)あり、タブレットとしての持ち運びにはあまり向かない印象を受けたが、オフィスなどで短時間持ち運ぶような使い方ならそれほど負担にはならないだろう。電磁誘導方式のデジタイザーに対応し、ディスプレーとの摩擦抵抗を調整した専用スタイラスが付属するので、写真編集の領域設定や輪郭抽出をペン入力することもできる。なお、このスタイルではキーボードを取り外すため、通常のコンバーチブルPCであれば塞がってしまう500万画素の背面ウェブカメラがそのまま使えるというのも一つのメリットだ。

側面から見た図
背面。キーボードを取り外すため、ウェブカメラはそのまま使える

ノートPCなのに……。掟破りの「デスクトップスタイル」

ノートPCでありながらデスクトップPCのように使用できる

 dynabook KIRA L93ならではの変形がこのデスクトップスタイルだろう。Bluetooth接続に対応するキーボード、単独でスタンドさせられるディスプレーという2つの利点を生かし、キーボード操作をしながら複数人で画面を見るときなどに活用できる。比較的設置場所を選ばず、ディスプレーの角度もかなり細かく調整できるので、ノートPCスタイルよりも自由度は高い。

分離することで接地もスマートに
かなり離れた位置からでも入力可能

(次ページ、「イラスト制作に大活躍!『キャンバススタイル』」に続く)

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー