このページの本文へ

Micron「MTFDDAK480MBB」

高耐久データセンター向けのMicron製2.5インチSSDが発売

2014年07月26日 23時17分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 データセンター向けで高耐久をうたうSATA3.0対応の2.5インチSSD「M500DC」シリーズがMicronから発売された。パソコンハウス東映で販売中だ。

Micronから発売されたデータセンター向けで高耐久をうたうSATA3.0対応の2.5インチSSD「M500DC」シリーズ

 「M500DC」シリーズは、Micronブランドのデータセンター向けSSD。登場したのは容量480GBモデルの「MTFDDAK480MBB」で、Micron製20nm MLC NANDフラッシュと、カスタムファームウェアを実装したMarvell「88SS9187」を搭載している。また、Micron独自耐久技術「eXtended Performance and Enhanced Reliability Technology」(XPERT)を採用。1日あたり総容量の1~3倍書込に5年間対応できる耐久性と信頼性を実現したという。

Micron製20nm MLC NANDフラッシュと、カスタムファームウェアを実装したMarvell「88SS9187」を搭載。1日あたり総容量の1~3倍書込に5年間対応できる耐久性と信頼性を実現したという

 主なスペックは、シーケンシャルリード425MB/sec、ライト375MB/sec、ランダムリード6万3000IOPS、ライト3万5000IOPS。消費電力はアクティブ時6.0W以下、アイドル時200mW。なお、入荷したのは並行輸入品。ショップ保証は半年間とされている。
 価格は5万9800円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中