このページの本文へ

ファーウェイのSIMフリースマホ「Ascend G6」をじっくり堪能

2014年07月23日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

格安SIMの盛り上がりに呼応して
ファーウェイが日本に投入した「Ascend G6」

 ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)が、つい先月、日本に投入したSIMロックフリーのAndroidスマホがAscendブランドの「Ascend G6」。現在、日本市場で盛り上がりつつあるMVNOによる格安SIMとセット販売されるケースも多く、SIMロックフリー端末ということで、世間の注目度も高い。

 Ascend G6はLTEに対応しているのが最大のポイント。ドコモのXi/FOMAネットワークで利用可能なので、ドコモのMVNOであれば広いエリアで使えるだろう。ディスプレーは4.5型(540×960ドット)を採用、CPUは1.2GHz動作のクアッドコア(Snapdragon 400)、メモリー1GB、内蔵ストレージ8GB、OSはAndroid 4.3と、最新モデルと比べると若干のスペック不足は否めない。そのかわり、価格は実売2万9800円(税抜、オープンプライス)とSIMロックフリー端末にしては破格だ。

 詳細なレビュー記事はのちほど掲載予定だが、今回は端末のフォトレポートをお届けする。

ディスプレーは4.5型と大きくもなく、小さくもない、人によってはピッタリなサイズ
上部にはmicroUSB端子があるのみ。下部はラウンドしたデザインになっている
右側には電源やボリュームなどのハードキーが、左側にはイヤホンジャックがあるだけ
ディスプレーの解像度は540×960ドットとフルHDではないものの、それでもかなりキレイに映る
リアカメラは800万画素と今のトレンドからすると普通だが、フロントカメラは500万画素とかなりの高画素を誇る
これがイヤホンジャック。防水・防塵には対応していないので注意したいバックパネルは取り外しできるが、バッテリー交換はできない
ホーム画面はスタンダードと、シンプル(右)の2通りから選べる
Ascend G6のEmotion UIはアプリがすべてホーム画面に表示されるのが特長端末マネージャーはタップするだけで削除できるキャッシュの容量や、終了させたほうがいいアプリなどを表示してくれる
OSは最新ではないが、Android 4.3なので普段使いならさほど気にならないAscendシリーズオリジナルのUIがEmotionUI
「Ascend G6」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約65.3×131.2×7.85mm
重量 約115g
CPU Snapdragon 400(MSM8926)
1.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
OS Android 4.3
最大通信速度 下り最大150Mbps
対応ネットワーク LTE(2.1GHz/1.8GHz)、
W-CDMA(2.1GHz/800MHz)、
GSM(1900/1800/900/850MHz)
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:約800万画素/イン:約500万画素
バッテリー容量 2000mAh
NFC
連続待受時間 約370時間
連続通話時間 約720分

カテゴリートップへ