このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

”中国のApple”、Xiaomiの秘密は「インターネット企業」志向

2014年06月12日 17時30分更新

文● 末岡洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “中国のApple”、あるいは(共同創業者の1人を指して)”中国のSteve Jobs”――米メディアがそう形容してきたために、Xiaomi(シャオミ)はAppleと比較されがちだが、目指しているのは「インターネット企業」なのだという。

Xiaomiの共同創業者兼社長、Lin Bin氏。XiaomiはFast Companyの「World’s 50 Most Innovative Companies 2014(世界の最も革新的な企業50社)」に、Google、Apple、Teslaなどとともに選ばれた

 6月11日、中国上海で開幕した「Mobile Asia Expo 2014」で共同創業者で社長のLin Bin氏はそう語った。Lin氏の自己分析から、製品とビジネスの両方で革新をはかるXiaomiの戦略が明らかになった。

Xiaomiの現在のフラグシップ「Mi 3」。Appleを意識した端末デザインや見せ方だが、同社のキモはそこではないのだという

ベンチャーでありながら、IT業界のベテラン揃い
創業時のトップ8人の平均年齢は45才

 モデレーターに「真の意味での中国初のグローバルブランドになる可能性を秘めている」と紹介されたXiaomiは、成長市場の中国で大きな注目を集めているスマートフォンメーカーだ。創業は2010年4月6日のことで、Lin氏を含む8人が集まって立ち上げた。

 「共同創業者が8人というのは、世界でも最も多いのでは」とLin氏は笑う。だが自身はGoogleとMicrosoftで経験を積んだベテランで、(中国のSteve Jobsと形容される)CEOのLei Jun氏は中国のソフトウェア企業である金山軟件(キングソフト)のCEOを務めた経歴を持つ。

創業時の写真。手前にあるのはLei氏の父親が振る舞ったというアワ(小米)のおかゆ

 そのほかにもMotorola、北京科技大学などそうそうたるメンバーが集まった。「全員が研究開発のバックグラウンドを持ち、ハードウェア、ソフトウェア、商品のデザイン、モバイルインターネット、Eコマースなどで経験を持つ」とLin氏。さらには、創業後にそれぞれのコネから優秀な人材を集めることができ、黎明期にチームを強化できたともいう。

 ユニークなのは人数だけではなく、平均年齢もだ。「8人の平均年齢は45才。中国のベンチャー企業の創業者の平均年齢は25、6才なので、若くはない」とLin氏は苦笑する。創業時のエピソードはほかにもある。Xiaomiは中国語の小米、これは雑穀のアワ(粟)のことなのだ。登記にあたって農業関連の企業と決めつける担当者に「技術企業と説得するのに一苦労した」とも言う。

8人の共同創業者。Lin氏は左下、左上はCEOのLei Jun氏

 Xiaomiは2013年、共同創業者に匹敵する重要なメンバーを迎えた。GoogleでAndroid製品担当バイスプレジデントを務めていたHugo Barra氏だ。現在Barra氏はXiaomiの中国外展開を担当している。「彼以外、考えられなかった」(Lin氏)という惚れ込みぶりで、Xiaomiの顔としてファンが集まったパーティーでThe Beatlesの仮装をして歌を歌うBarra氏の写真も見せてくれた。なお、Barra氏が加わったことで45才だった共同創業者の平均年齢は43才に下がったという。

これがその写真。一時期はAndroidの顔的な存在でもあったBarra氏を迎え入れて、世界進出を図っている

最初の製品からわずか3年で6000億円のメーカーに
重要なのはウェブに絞った販売戦略

 Xiaomiは最初の製品を2011年に発売。その後3年間は倍々ゲームで成長してきた。2011年、6億元だった売上高は2012年に一気に127億元へ、2013年は150%増の316億元(約6000億円!)に達した。販売台数は160%増の1870万台。2014年は6000万台到達を見込んでいるという。このような急成長に支えられ、Xiaomiは中国でトップ3のスマホメーカーにのし上がっている。

フラグシップ機だけでなく、ミドルレンジモデルももちろん用意されている。「Redmi 1S」は写真のスペックで699元なので、1万2000円弱だ!

 国外からはXiaomiの強みは”洗練されたAndroidスマートフォンを安価に販売する”と見られがちだが、Lin氏が最初に強調したのはウェブ直販という販売モデルだ。今年4月に4周年を記念して開催したイベント「Mi Fan Festival 2014」では2時間ごとに1回、合計12時間だけ端末を販売した。

 この日1日で130万台のスマートフォンを売りさばき、ヘッドセット52万個などの周辺機器や関連製品も含めて、合計で200万件の発注があったという。このようなこともあり、今年は「中国のEコマースでは上位3サイトに入るだろう」とLin氏は予想する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART