このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ローパスレスなミラーレス「α7R」を大解剖! ― 第1回

仕上がり具合は最高の一言!

フルサイズ3600万画素でローパスレス!ソニー「α7R」の基本性能をチェック

2014年04月28日 20時00分更新

文● 周防克弥

 ソニーのデジタル一眼カメラ「α7R(ILCE-7R)」は、フルサイズセンサーを搭載するミラーレス機だ。これから3回に渡って本機の特徴を紹介していくが、まずは、その理解に必要なデジカメの仕組みを見ていこう。

評価機の主なスペック
 ソニーα7R
撮像素子サイズ35mm版フルサイズ
有効画素数約3640万画素
ローパスフィルターなし
感度設定ISO 50~25600
ファインダー0.5型EVF、236万画素
背面液晶3型、92万画素
無線LAN内蔵
本体サイズ幅126.9×奥行48.2×高さ94.4mm
重量(本体のみ)約407g


ソニーストア
 

(次ページ、「デジイチの魅力は大きな撮像素子にある」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事