このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

DSD再生までも可能になった最強「ハイレゾウォークマン」活用術 ― 第3回

最強ウォークマンにピッタリのヘッドフォン/イヤフォンを選べ!

2014年04月24日 12時00分更新

文● 海上 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 歴代ウォークマンの多くにはイヤホンが付属しているが、NW-ZX1には付属しない。ユーザーが好みで選べるように、あえて付属を見送っているのだ。

 音質最重視で設計されたNW-ZX1に見合うヘッドホン/イヤホンともなれば、コストの制約を伴う付属品では対応しきれない、そんな現実的判断もあったことだろう。ともあれ、NW-ZX1で音を聴くには、ヘッドホン/イヤホン選びという楽しい作業がもれなく付いてくる。

 今回は、ポータブルオーディオのハイエンドたるNW-ZX1で使うにふさわしいヘッドホン/イヤホン7種類をピックアップ。オーバーヘッドにインナーイヤー、開放型に密閉型、バランスドアーマチュア(BA)にダイナミック……といろいろな形状や駆動方式をとりあわせ、実際に利用するときの注意点を交えつつ試聴インプレッションを進めていきたい。

女性ボーカルの曲が聴きやすい
オーディオテクニカ「ATH-AD2000X」

「ATH-AD2000X」
新設計のディフューザーを採用し、音の広がりを追求した「ATH-AD2000X」
軽快な装着感を追求した「3Dウイングサポート」 専用設計の53mmドライバーを内蔵するハウジング部
軽快な装着感を追求した「3Dウイングサポート」パーメンジュール磁気回路とOFC7Nボイスコイルを採用した、専用設計の53mmドライバーを内蔵するハウジング部

 適度な側圧と3Dウイングサポートが良好な装着感を生み出す、開放型オーバーヘッドホン。

 若干低域に量感を持たせた音づくりで、粒立ちよく解像感もあるが、音の広がりは抑制的な印象。柔らかな音色はウォーミーで心地よく、開放型であることも相まって長時間聴いても疲れにくい。

 バンド系の音はもう少し迫力があってもいいが、ボーカルもの(特に女性)はなめらかで聴きやすい。

 音漏れが大きい開放型ということもあり、気兼ねなく利用できるシチュエーションは限られるが、十分ハイレゾ対応を名乗れる周波数特性の広さもあり、NW-ZX1との相性は良好と言っていいだろう。

NW-ZX1との相性診断

チャート

型式:オーバーヘッド(開放型)/ダイナミックドライバー
周波数特性:5Hz~45kHz
感度:103dB
インピーダンス:40Ω
ケーブル着脱:非対応
実売価格:5万円前後

15万円のフラッグシップヘッドフォン
「AKG K812」

新設計53mmドライバには銅被膜アルミを使用した2層構造のボイスコイルを採用するなど、新機軸満載のフラッグシップモデル「K812」
新設計53mmドライバには銅被膜アルミを使用した2層構造のボイスコイルを採用するなど、新機軸満載のフラッグシップモデル「K812」
ケーブルの脱着が可能 密着性が高いイヤーパッド
ケーブルの脱着が可能密着性が高いイヤーパッド

 オーストリアはAKGのフラッグシップモデルとなる開放型オーバーヘッドホン。国内ではヒビノが2月14日に発売。立派な木製ヘッドホンスタンドが付属する。

 53mmダイナミックドライバーはキレがよく、音の輪郭が眼前に浮かぶよう。微細な信号も正確にキレよく再現し、広がりのいい自然な音場感を楽しめる。

 周波数特性もワイドで、広帯域で高密度なハイレゾ音源の信号も余裕でこなす。インピーダンスは36Ωと低めで、NW-ZX1でも十分ドライブできる。

NW-ZX1との相性診断

チャート

型式:オーバーヘッド(開放型)/ダイナミックドライバー
周波数特性:5Hz~54kHz
感度:98dB
インピーダンス:36Ω
ケーブル着脱:対応
実売価格:15万円前後

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART