このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

じつはUSB DACと同価格帯で最新AVアンプが手に入る!

超簡単に本格ハイレゾ&Vサラウンド体験!ヤマハRX-V577

2014年03月25日 11時00分更新

文● 折原一也 撮影●篠原孝志(パシャ) 図版●shigezoh

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ハイレゾが気になる人は要注目! AVアンプのボリュームゾーンは、今やUSB DACと同価格帯の数万円台。ハードルは十分低くなっているぞ

AVアンプはハードルが高い? いやいや!
人気のハイレゾ再生も朝飯前のお手軽万能機なのだ

 “ハイレゾ”ブームを追い風に、高音質への機運が高まっている。ハイレゾ対応のヘッドフォンやオーディオプレーヤーは高額製品が品薄になり、ハイレゾ音源配信サイトのランキングにはアニソンが上位の常連。そんな大流行中のハイレゾを自宅に導入しようと考えたときに、“AVアンプ”という機器を選択肢に考えてみてはいかがだろうか。

 かつては自宅のホームシアターで5.1chサラウンドを構築したい人専用の、価格・機能ともにハードルの高い製品だと思われていたAVアンプも、価格別で見ると昨今のボリュームゾーンは5万円未満。ハイレゾブームで高音質な楽曲に興味が沸いた人にとっても、PC周辺機器を買い足すのと同じような感覚で購入できてしまうほど、手頃な製品になっているのだ。

もはやUSB DACと同価格。AVアンプも周辺機器として手に届く時代になっているのだ

 例えば、ヤマハの最新AVアンプ「RX-V577」は4月発売予定で実勢価格5万円前後。AVアンプの最新トレンドとしてWi-Fiを内蔵し、ホームネットワークによるハイレゾ再生にも対応。操作はスマホやタブレットの専用アプリ越しというお手軽さだ。

 お気に入りのハイレゾ音源をステレオで聴くだけならプリメインアンプという選択肢もあるけれど、AVアンプであれば、HDMIリンク機能が使用できるのでテレビ視聴の際はテレビのリモコン操作だけでいい音を楽しめる上、もちろん音楽鑑賞、映画やアニメBD鑑賞まで恩恵を受けられる。

 薄型テレビの横にセットを組んでおいて、ハイレゾ音源もBDもスピーカーで鳴らしたいという人にとって、AVアンプはとてもお得感のある選択肢なのだ。

 そしてちょうどRX-V577には、そんなハイレゾ再生とテレビの音を良くするための、最新トレンド機能がズラリと並ぶ。

ヤマハのAVアンプ「RX-V577」は4月発売予定。実勢価格5万円前後。ハイレゾ再生機としてはもちろんのこと、自宅のAV機器全般を手軽に高音質化できる

 アンプとしての基本性能は7chのパワーアンプを内蔵していて拡張性抜群だし、ハイレゾ再生でもお役立ちのWi-Fiも内蔵、再生フォーマットはハイレゾ音楽配信で主流のWAV/FLAC形式のほかに、ALAC(アップルロスレス)にまで対応。

 「Wireless Direct」による接続、スマホ向けコントロールアプリの「AV CONTROLLER」、高音質技術では「Extra Bass」に「Virtual CINEMA FRONT」、HDMI端子は6系統入力対応だし、iPhone対応の前面USB端子、4Kパススルー、シネマDSP 3Dモード、YPAOなど“家庭内のあらゆる音”を便利に、そして高機能に再生してくれる機能が満載なのだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART