このページの本文へ

既存マップの別バリエーション「炎のルインベルク」、「冬のヒメルズドルフ」も追加

「World of Tanks」、ドイツVSソ連も可能な「国家戦」や雪の市街地「暴風」追加

2014年02月14日 13時11分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「World of Tanks」アップデート8.11配信。新たなチーム編成システム「国家戦」や3つの新マップを実装

 ウォーゲーミングジャパンは2月12日、戦車戦が楽しめるPC用オンラインゲーム「World of Tanks」において、アップデート8.11の配信を開始した。

 今回のアップデート8.11では、新たなチーム編成システム「国家戦」が追加され、同じ国の戦車のみでチームを組織し、他国との対戦が可能になった。ドイツ戦車チーム対ソ連戦車チームのような因縁の対決など、夢の国家間戦闘が再現できる。引き続き従来の対戦も引き続き遊べる。なお、この国家戦は現在テスト段階で、今後調整されていく予定だという。

同じ国の戦車のみでチームを組織できる「国家戦」が追加された
夢の国家間戦闘も実現!

 また、雪の市街地をイメージした新マップ「暴風」や、既存マップの「ルインベルク」、「ヒメルズドルフ」の別バリエーション「炎のルインベルク」、「冬のヒメルズドルフ」が実装された。

雪の市街地をイメージした新マップ「暴風」
既存マップの別バリエーション「炎のルインベルク」、「冬のヒメルズドルフ」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ