このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

World of Tanksの世界へパンツァー・フォー ― 第6回

私と戦車とWoT――ロシア人声優・ジェーニャさん

ジェーニャにお任せ! WoTで使える(かもしれない)ロシア語講座その1

2013年12月27日 18時00分更新

文● ASCII.jp戦車部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アジアサーバーのヤポンスキーもロシア語で叫びたい!

ジェーニャさんはロシアのノボシビルスク出身。声優活動のほか、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』や『ブラックラグーン』のロシア語翻訳など、言語指導でも活躍中

 World of Tanksを開発・運営するWargaming.net社はベラルーシのゲームメーカー。ベラルーシといえば旧ソビエト圏ということもあり、ゲーム内では英語と並んでロシア語もデフォルト言語として扱われている。

 実際、ロシア語を使うプレイヤーは多く、同時接続数の世界記録を更新したのもロシアサーバーだ。

 先日、アップデート8.10の公開βテストは全世界のプレイヤーが共通サーバーに集まった貴重な機会だった。その際、プレイヤーIDの後ろに“RU”が付いたロシアサーバーのプレイヤーたちは手強い相手となった。

 ウォーゲーミングジャパンのスタッフ曰く、「各サーバーによって微妙に戦い方が異なるようで、たとえば北米は分担を明確にして戦うチームプレイ。対してロシアは、ゲーム開始と同時に全車両が同じルートを驀進して相手をなぎ倒すプレイが特徴的」とのこと。

公開βテストは日本戦車のお披露目も目玉の1つ。Tier10のSTB-1は軽快な運動性と、稜線射撃がしやすい特性を持った中戦車だ。丘や坂を挟んでの攻防では頼もしい1台だろう

 確かにソビエトやロシアの軍勢といえば、地平を埋め尽くして進軍してくるイメージだが、まさにアレを再現するかのごときプレイスタイルなのだ。

 そしてロシア圏のプレイに感銘を受けた我々ASCII.jp戦車部は案の定、中途半端なロシア熱を発症。Skypeを使った戦闘中の音声チャットでは、「同志コジマスキー。貴様はシベリア送りだ」「くそっ、魔女の婆さんに食われろ」「俺のことはロシアの赤き稲妻と呼んでくれ」「ザンギエフさんチーッス」などと、ボンクラなヤポンスキーっぷりを披露していた。

ASCII.jp戦車部のなんちゃってロシア語にはもううんざりだ!

 そこで今回は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』などに出演する傍ら、アニメ・ゲーム作品の言語指導も行なっているロシア人声優・ジェーニャさんにお願いして、即席のロシア語講座を開講していただいた。

 その名も、“World of Tanksで使える(かもしれない)ロシア語講座”。

 そのまんまかよと突っ込みが入りそうだが、字幕含めてジェーニャさんに監修していただいた案外ガチな内容なので、「アブナルージン ヴラーク!」などと叫びつつ軽戦車で上位Tierの重戦車小隊に突進すれば、武運むなしく蜂の巣にされて退場する際も、それなりに(自己)満足できるのではないだろうか。

 少なくてもASCII.jp戦車部は満足だ!
(編註:そういったプレイは身内でのクランウォーズなどに留めておきましょう)

次ページ冒頭から講座動画が始まるぞ!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社