このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

エプソン「Endeavor TN10E」はビジネス向けタブレットの大本命第1回

抜群の軽さと充実した機能で即ビジネス使用可能

「Endeavor TN10E」の本体デザインをチェック

2014年02月14日 11時30分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクト「Endeavor TN10E」は、同社では初となるWindows 8.1搭載のピュアタブレットだ。1920×1080ドットのフルHD表示が可能な11.6型液晶ディスプレーを搭載しながらも高さは11mmと薄く重量はわずか780gと軽い上に、直販価格で7万3500円からと値段もお手頃。外出先でのプレゼンや資料の確認など、特にビジネスシーンで活用したいモデルだ。4回にわたって「Endeavor TN10E」の使用感を検証するロードテストの第1回は、本体デザインやインターフェース周りについて紹介しよう。

エプソンダイレクトのフルHD表示対応11.6型タブレット「Endeavor TN10E」
試用機の主な仕様
OS Windows 8.1 Pro 64bit
APU AMD デュアルコア A4-1200 APU (1.0GHz)
メモリー 4GB(4GB×1)DDR3L 1066
グラフィック AMD Radeon HD 8180
ストレージ SSD 128GB
ディスプレイ 11.6型(1920×1080ドット)
バッテリー駆動時間 約7.7時間
サイズ 約幅297×奥行き192×高さ11mm
重量 約780g

 (次ページ、「シンプルながら使い勝手のいい本体デザインとインターフェース」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン