このページの本文へ

重量780gで、バッテリー駆動時間は約7.7時間

AMD A4でメモリー4GB! Proも選べる11.6型Winタブ「Endeavor TN10E」

2014年01月28日 15時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
同社初のWindowsタブレット「Endeavor TN10E」

 エプソンダイレクトは1月28日、11.6インチのWindowsタブレット「Endeavor TN10E」を発表した。

 同社初のWindowsタブレットとなるEndeavor TN10Eは、画面に10点マルチタッチ対応の11.6型フルHD(1920×1080ドット)グレアIPS液晶を採用。CPUはAMDのA4-1200(1.00GHz)、メモリーは4GBを搭載する。ストレージは128GB SSDだ。サイズは約幅297×奥行11×高さ192mm、重量は約780gで、バッテリー駆動時間は約7.7時間を実現しているという。

 OSはWindows 8.1のほか、社内システム(Active Directory)への接続も可能なWindows 8.1 Proから選択できる。インターフェースはmicroUSB 3.0、microHDMI、microSDカードスロットなどを備える。ほかに500万画素のカメラ、マイク、各種センサーを搭載。オプションでコンパクトBluetoothキーボード、デジタイザーペンなど周辺機器を選択可能。

 価格はWindows 8.1搭載モデルが7万3500円で、8.1 Pro搭載モデルが8万4000円。

主なスペック(基本構成)
製品名 Endeavor TN10E
価格 Windows 8.1搭載モデル:7万3500円
Windows 8.1 Pro搭載モデル:8万4000円
CPU A4-1200(1.00GHz)
メインメモリー 4GB PC3L-8500 DDR3L(4GB×1)
ディスプレー(最大解像度) 11.6型 フルHD(1920×1080ドット)グレアIPS液晶
グラフィックス機能 Radeon HD8180グラフィックス(APU内蔵)
ストレージ 128GB SSD
光学式ドライブ -
通信機能 無線LAN IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth V4.0+EDR準拠
インターフェース microUSB 3.0×1、microHDMI×1
カードスロット microSDカードスロット
サウンド機能 ヘッドホン端子/マイク端子
本体サイズ/重量 約幅297×奥行き11×高さ192mm/約780g
OS Windows 8.1/Windows 8.1 Proから選択

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART