このページの本文へ

CORSAIR「CSSD-F120GBLS」、「CSSD-F240GBLS」

最高速スペックを誇るCORSAIRの新型SSD「Force Series LS」

2013年12月26日 22時34分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PHISON製コントローラーを採用するCORSAIR製の新型SSD「Force Series LS」シリーズが登場。パソコンショップアークで販売がスタートしている。

CORSAIR製の新型SSD「Force Series LS」シリーズが発売開始

 「Force Series LS」シリーズは、PHISONコントローラー「PS3108」と、東芝製19nm MLC Toggle NANDフラッシュを組み合わせたSATA3.0(6Gbps)対応の2.5インチSSD。NANDフラッシュへのアクセスを平滑化し不良領域の発生を抑制するWear levelingと、データ書き込みを行なった後でも常に新しい状態を保つGarbage Collection機能によりSSDのパフォーマンス低下と劣化を抑制するとしている。

最大シーケンシャルリード560MB/sec、最大シーケンシャルライト535MB/secと高速スピードを実現している

 スペックは、最大シーケンシャルリード560MB/sec、最大シーケンシャルライト535MB/sec。消費電力は待機時0.6W、動作時4.6W、MTBFは100万時間で7mm厚ケースを採用する。
 ラインナップおよび価格は120GB「CSSD-F120GBLS」が1万1800円、240GB「CSSD-F240GBLS」が2万800円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中