このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

AFが2.3倍高速に! キヤノンのミラーレス「EOS M2」

2013年12月03日 14時00分更新

文● 橋本 優/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「EOS M2」と18-55mmレンズ
「EOS M2」と18-55mmレンズ

 キヤノンから、ミラーレス一眼カメラ最新機種「EOS M2」が発表された。12月中旬発売予定で、キヤノンオンラインショップの販売予定価格は、ボディーのみで6万4800円となる。

 今回試作機をいち早く入手できたので、外観などを写真で紹介する。

手のひらサイズのコンパクトボディー 従来は上面左側にかたまっていたステレオマイクだが、前面のマウント部左右に配置されたことで、上面からはなくなった
手のひらサイズのコンパクトボディー。従来機から若干小型化している従来は上面左側にかたまっていたステレオマイクだが、前面のマウント部左右に配置されたことで、上面からはなくなった

 新機種は従来機種より体積比で約8%の小型化を実現(幅104.9×奥行31.6×高さ65.2mm)。重量も従来の262gから238gと軽量化されている。

 この小型・軽量化を実現するため、シャッターユニットを新たに設計。モーターを横向きに配置して厚さを抑えることで、従来機のモーターよりも8.55mmのスリム化を行なった。

4つのパーツが小型化のポイント
センサーのセルフクリーニング機構 センサーのセルフクリーニング機構

 センサーセルフクリーニング機構も、従来ローパスフィルターの横側にあったものを上側に配置し、横幅を小さくしたほか、撮像素子はLGAパッケージを採用することで、端子部の厚みを削減している。

側面のカバーを開くと、HDMI出力やマイク入力などがある。これは従来機種と変わらない モードスイッチは従来の3つ(オート、応用撮影モード、動画)から4つに増えた。「簡単撮影モード」が加わっている
側面のカバーを開くと、HDMI出力やマイク入力などがある。これは従来機種と変わらないモードスイッチは従来の3つ(オート、応用撮影モード、動画)から4つに増えた。「簡単撮影モード」が加わっている
オートを選ぶと撮影モードの変更はできない 応用撮影モードでは、マニュアルやプログラムオートなどの選択が可能
オートを選ぶと撮影モードの変更はできない応用撮影モードでは、マニュアルやプログラムオートなどの選択が可能
簡単撮影モードを選ぶと、「クリエイティブオート」や各種シーンモードが選択できる

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART