このページの本文へ

連続駆動は最大約11時間

Bay Trail-T搭載の8型Windows 8.1タブレット「dynabook Tab VT484」

2013年11月18日 19時30分更新

文● 八尋/ASCⅡ.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook Tab VT484」シリーズ

 東芝は11月18日、Windows 8.1搭載の8型タブレット「dynabook Tab VT484」シリーズを発表した。

 VT484は、Windows 8.1をプリインストールし、CPUにAtom Z3740(1.33GHz)を採用。メモリは2GBで、ストレージは「VT484/26K」が64GB、「VT484/23K」「VT484/22」Kが32GBとなる。IEEE 8.02.11a/b/g/nに対応し、8型ワイド液晶(1280×800ドット)ディスプレーを搭載する。背面に800万画素、前面に200万画素のカメラを備える。インターフェースはHDMI出力端子、Micro-USB端子、ヘッドフォン端子。

 VT484/26KVT484/23Kは「Office Home and Business 2013」、VT484/22Kには「Office Personal2013」を搭載する。また、Skypeのビデオ通話の録画が可能な「Skype録画」もプリインストールしている。カラバリはライトゴールド1色のみ。サイズは約幅135.9×奥行213.0×高さ10.7mmで、重さが約445gだ。

11月22日より順次発売し、価格はVT484/26Kが6万円台半ば、VT484/23Kが6万円前後、VT484/22Kが5万円台前半。

「dynabook Tab VT484」の主なスペック

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー