このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows 8.1採用の8型タブレット「dynabook Tab VT484/26K」の様々な使い道を追求! ― 第2回

ミニノートとして使うためのBluetoothキーボードとの相性をチェック

Win 8.1の8型タブ「dynabook Tab」はモバイルPCとして使えるか

2014年04月08日 11時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝のWindows 8.1を採用する8型タブレットdynabook Tab VT484/26Kは、GPSを搭載しているので車に積んでカーナビ風に使えないかと考えたものの、やはりきちんとした専用アプリでも出てこないといまひとつ使い勝手はよろしくないと実感したのが前回。それでは今度は正攻法として普通にモバイルPC風に使ってみよう。

片手で持てるサイズのWindowsマシンとしてWindows 8.1/8インチ機はけっこう重宝しそうだ(「艦これ」以外にもだ)
主なスペック
モデル名 VT484/26K
OS Windows 8.1(32ビット)
CPU Atom Z3740(1.33Ghz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリー 2GB
ストレージ 64GB
ディスプレー 8.0型ディスプレー(1920×800ドット)
通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
ウェブカメラ 200万画素(前面)、800万画素(背面)
センサー ジャイロセンサー、加速度センサー、電子コンパス、GPS、輝度センサー
駆動時間 約11時間
Office Home and Business 2013


(次ページ「長文入力はやはりキーボードがあったほうが良い」へ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

インテルバナー