このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東芝8インチWindowsタブレットレビュー第4回

dynabook VT484が8インチタブレットである所以

Windows 8.1と8インチタブレットの可能性

2014年03月10日 11時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 8.1採用の8型タブレット「dynabook VT484」

 「dynabook tab VT484」は、8インチのディスプレーを採用したWindows 8.1(32ビット)搭載のタブレットだ。インテルのBay Trailプロセッサー(Atom Z3740)の発表を受け、各社からさまざまな8インチタブレットが登場している。いわば8インチタブレットはいまが「旬」のタブレットなのである。

dynabook tab VT484の主なスペック
モデル名 dynabook tab 484
CPUAtom Z3740(1.86GHz)
メモリー2GB(増設不可)
ディスプレータッチ対応8型ディスプレー(800×1280ドット)
グラフィックスインテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
ストレージ64GB フラッシュメモリー
通信機能IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェースmicro HDMI端子、microUSB 2.0端子、ヘッドセット/ヘッドホン出力、microSDカードスロット
ウェブカメラ約200万画素(前面)、約800万画素(背面)
連続駆動時間約11.0時間
外形寸法約幅135.9×奥行213×高さ10.7mm
重さ約445g
OSWindows 8.1(32ビット)


(次ページ「PC以外のタブレットでは、8インチ前後のタブレットが主流に」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー