このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第324回

ギリギリまで接近!? iPhone 5sで撮る秋の多摩川猫

2013年10月04日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
地面ギリギリから猫と多摩川。近寄っても逃げなかったのでぎりぎりまで近づかせてもらいました、(2013年10月 アップル iPhone 5s)
地面ギリギリから猫と多摩川。近寄っても逃げなかったのでぎりぎりまで近づかせてもらいました、(2013年10月 アップル iPhone 5s)

 前回に引き続き、iPhone 5sで猫を撮るぞシリーズ、続きます。

 今回は外猫編。前回はひたすら高速連写やスローモーションの話で終わっちゃったので、今回は普通の写真をば。

 まあ、屋外で普通の写真を撮るにはiPhone 5もiPhone 5cもiPhone 5sも大して違いはないんだけれども、iPhone 5sはHDRをオンにしても撮影後にまったく待たされない(昔のiPhoneはHDRオンで撮ると数秒待たされたから)のでHDRを使いやすくなった、ってのはあるかな。全体に処理が速くなってよりサクサク撮れるのだ。

 で、多摩川べりまで出かけて、iPhone 5sで川と猫写真を撮ってきたのである。

 ぶらぶらと歩いてると、遠くにぼーっと川を眺めてる白黒の猫を発見。

多摩川と橋と貸しボート屋と猫。川の様子を大きく入れ、あえて猫は右下にぽつんと置いてみた。川を眺めてる感じで(2013年10月 アップル iPhone 5s)
多摩川と橋と貸しボート屋と猫。川の様子を大きく入れ、あえて猫は右下にぽつんと置いてみた。川を眺めてる感じで(2013年10月 アップル iPhone 5s)

 まず遠くから1枚。まず遠くから、ってのは大事。不用意に近づいて逃げられたら元も子もないから。

 猫が遠いとついデジタルズームで大きく撮りそうになるけど、いやむしろ、猫が遠い分、風景の中にぽつんと猫がいる写真を考えよう。それもまた猫写真なり。

 で、猫に向かって歩いて行くと、むこうもこっちに近づいてくるではないか。

 実はずいぶん人に慣れた猫で、このあと、冒頭のような写真も撮らせてくれたのであった。

 この写真はiPhoneのレンズが下になるように(ホームボタンが左に来るように)持って撮ったもの。iPhoneってレンズが端っこについてるので、持つ方向で超ローアングルにもできるのだ。

 ただし……普段しない持ち方をすると、指がレンズにかかって写り込んじゃったのに後から気づくとかそういうことがあるので注意(冒頭写真の右下にほんの少し肌色が写ってます。これ、指です。とほほ)。

日なたの三連猫(2013年10月 アップル iPhone 5s)
日なたの三連猫(2013年10月 アップル iPhone 5s)

 やがて猫たちは川原に続々と現れて、いつのまにか三連猫に。

 この季節はいいですな。昼間でも猫が日なたに出てきてくれる。猫を撮るなら春か秋って感じ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART