このページの本文へ

徹底特集 「iPhone 5s」&「iOS 7」を全力チェック! ― 第23回

auは発売イベントでも「auのiPhoneがダントツ」と断言

2013年09月20日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 20日8時のiPhone 5s/5c発売に合わせて、KDDIは基幹店である原宿の「KDDIデザイニングスタジオ」においてイベントを開催。ゲストに剛力彩芽さん、哀川翔さんも登場し、カウントダウンが行なわれた。

「auのiPhoneがダントツ」と語る田中社長は
「ダントツ田中で覚えていただければ」

 イベントに登場したKDDI代表取締役社長の田中孝司氏は、同社が当初から力を入れて構築してきた、800MHz帯のLTEネットワークの強味をあらためてアピール。今日は「800ずくしでいきたい」と語るように、「800MHz」「プラチナバンド」の2つのキーワードについて、ジョーク含みのおみやげを用意してまで繰り返し強調した。

 その800MHz帯のLTEネットワークを根拠に「au×iPhone=史上最高」「auのiPhoneがダントツ」とし、最後には「“ダントツ田中”で覚えていただければ」という発言まで飛び出した。

800MHz、プラチナバンドをあらためて強調。「ダントツ」をキャッチフレーズに締められた
「800や」という和菓子店の練切がおみやげで配布された。色はもちろんオレンジとプラチナカラー。水はアップルの発表会に旅立つ成田で見つけたという「プラチナウィーター」

当面はリードするであろうauのプラチナバンドLTE
一般のユーザーにその強味をどう広げる

 実際に携帯電話で強味を発揮する700~900MHz帯の周波数で、全国規模のLTEネットワークを構築しているのはauだけ。新iPhoneはドコモの800MHz帯にも対応するが基地局数は限定的で、ソフトバンクの900MHz帯も周波数幅の関係から、LTEは来春からのスタートとなる。すでに800MHz帯のLTEに対応したauのAndroidスマートフォンでの実績からも(関連記事)、当面は一歩リードした状態になることが予想できる。

 だが、肝心なのはそのことが一般のユーザーに伝わるかどうか。それが見えたのが、ゲストの剛力さんや、ビデオメッセージで登場したきゃりーぱみゅぱみゅさんの発言だ。

ツアー中のきゃりーさんはビデオで出演

 2人ともに「今、iPhone 5を使っているのでうらやましい」「iPhone 5cはいろいろな色があってかわいい」などと、ここまでは生き生きと語っていたが、ネットワークについては「800めがへるつのえるてぃーいーに対応していると、いろいろなところでつながるんですよね……」と、どうしても滑舌が悪くなってしまう。田中社長も「(ネットワークのことは)難しいもんね」とフォローしたが、正直これは無理もないところ。

 スマホで利用するアプリやサービスに興味があっても、ハードが対応する周波数に興味や知識があるユーザーは一般的には少数派だろう。技術的な内容に興味を持たないユーザーにもそのつながりやすさをどう広めていくか、その手法も今後の注目と言える。

800MHz帯のLTEについてはともかく、iPhone 5ユーザーとのことで、iPhone 5cには興味津々だった剛力さん
最初の購入者には剛力さんによるサインも。うらやましそうな田中社長の表情にも注目

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中