このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第321回

出しそびれた写真をお蔵出し! 2013年夏の猫コレクション

2013年09月13日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パイプ椅子とテーブルが無造作に並ぶかき氷屋さんで飼ってる猫。でも警戒心が強く、じーっと見つめてました。かき氷が美味だったので満足(2013年8月 オリンパス OM-D E-M5)
パイプ椅子とテーブルが無造作に並ぶかき氷屋さんで飼ってる猫。でも警戒心が強く、じーっと見つめてました。かき氷が美味だったので満足(2013年8月 オリンパス OM-D E-M5)

 いやあ、猛暑だった8月もすっかり終わり、適度に暑い昼間と適度に涼しい夜という、一瞬だけ訪れる理想的な初秋を味わいつつ、夏の総集編って感じで行くのである。

 ここ数回、夏に出会ったいろんな猫の写真を紹介してきたんだけど、当然、出しそびれた猫たちもたくさんいるわけで、散歩してて偶然出会った猫を中心に、“夏も終わりました記念”でまとめてどうぞ! 的な回です。

 今年の夏もいろんなところで這いつくばって来ました。

 猛暑の8月某日。埼玉県の長瀞へ撮影に。ひととおり終わり、あまりに暑くてへろへろになっているとき、道路の反対側にきれいなハチワレの猫を発見。信号が変わるのを見計らって近づいていくと、絶妙な距離ですすーっと逃げていく。

 もうちょっと近づきたい、と猫を追っていったら……そこはかき氷屋さんでした。しまった、猫に誘い込まれたかっ。

 というわけで、かき氷を注文し、店のおばさんが氷を掻いている間、パイプ椅子の下に隠れてる猫を撮影。きれいなハチワレに靴下模様の白い手足。

 見事な招き猫でありました(冒頭写真)。

後ろに見えるのが山頂にある展望台。このあと、至近距離でなでさせてくれました。ほんとに人に慣れてるというか、上手にこびてごはんをもらって生きているというか、そんな感じの猫(2013年8月 オリンパス OM-D E-M5)
後ろに見えるのが山頂にある展望台。このあと、至近距離でなでさせてくれました。ほんとに人に慣れてるというか、上手にこびてごはんをもらって生きているというか、そんな感じの猫(2013年8月 オリンパス OM-D E-M5)
「XZ-10」の「フォトストーリー」機能を使って、猫と猫がいた展望台を1枚にまとめてみた(2013年8月 オリンパス XZ-10)
「XZ-10」の「フォトストーリー」機能を使って、猫と猫がいた展望台を1枚にまとめてみた(2013年8月 オリンパス XZ-10)

 雲が出てて蒸し暑かった8月某日。ちょいと里山のハイキングでもしようと、カメラを持ち、秦野駅からハイキングコースをえっちらおっちらと山頂に向かって登っていくと、山頂で猫が待っててくれたのである。ありがたや。

 この写真、這いつくばったわけじゃなくて、山頂に向かう急な斜面の途中から撮ったもの。

 どうもハイキング客から食べ物をもらって味を占めたらしく、いついてしまったと山頂の公園の人が言ってました。

薄暗いアパートの廊下。斜面の狭い道の両側に木々がうっそうと茂っていて、この廊下もすごく暗く、シャッタースピードは1/10秒なのでした。ちょっとしゃがんで写真を撮っただけで、10ヵ所くらい蚊に食われた夏の思い出(2013年8月 オリンパス XZ-10)
薄暗いアパートの廊下。斜面の狭い道の両側に木々がうっそうと茂っていて、この廊下もすごく暗く、シャッタースピードは1/10秒なのでした。ちょっとしゃがんで写真を撮っただけで、10ヵ所くらい蚊に食われた夏の思い出(2013年8月 オリンパス XZ-10)

 雨交じりの8月某日、カメラを持って散策したのち、近所に住んでる友だちとお茶してたら、「来る途中に猫がいっぱいいた」というので、そこへ連れて行ってくれとリクエスト。

 多摩丘陵の急坂を上り、うっそうとして湿気でジトジトした薄暗いアパートの廊下に数匹が隠れておりました。

 廃墟でもなんでもなくて、普通に人が住んでいるアパートなんだけど、あまり掃除されてないようで、写真だけ見ると「廃墟に棲みついた猫」にしか見えないほど。

 たまたま世話に来ていたおじさんが、なんとか捕まえて去勢したいのだけど、なかなかつかまらなくてと渋い顔をしてました。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART