このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ついにiPhone版も登場:

ガルパンの聖地を巡る“舞台めぐり”、裏側の知られざる本気度

2013年08月23日 17時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アニメ作品の舞台をめぐる旅、聖地巡礼。

 作品の舞台となった場所を見つけ、実際に脚を運んで、作品の世界を追体験する。そんな楽しみ方がファンの間では定番といえるぐらいの人気だ。毎クール新しい作品が登場するたびに、作品内で描かれた場所を“特定”するやり取りでネットがにぎわう。ASCII.jp読者なら当然のように知っているとは思うが。

 いずれにしても、好きな作品の舞台をめぐるのはとても魅力的だ。

 巡礼の舞台の中には、放映終了後も、長期間にわたってファンを集める土地もある。ファンと一体となって、恒例化したイベントを実施し、地域の活性化に成功した聖地も多い。

 しかし聖地巡礼の旅を、実際にするのは意外に大変なものだったりもする。該当する場所を探し出し、どういった順番で目的の場所を効率よくめぐるか。実際に歩いてみたら、思った以上に距離があった!……など。それはそれで楽しみでもあるのだが、実際に旅のプランを立てるそれ以前に、きっかけが中々つかめないと感じるケースもあるだろう。「もっと手軽に聖地巡礼を楽しめたなら」「聖地巡礼を始めるきっかけがあったら」と思う人も多いかもしれない。

 実はそんなニーズ(?)に応える機能を持つスマホアプリが存在する。リンクが提供している舞台めぐりだ(関連記事)。5月にAndroid版のβ版の無料配布が開始されたが、本日iPhone版の提供も始まった(関連記事)。

舞台めぐり ガールズ&パンツァー編 App
価格無料 作者2012 LINK Inc.
バージョン1.0.15 ファイル容量12.7 MB
カテゴリー旅行 評価(無し)
対応デバイスiPhone 4以降 対応OSiOS 5.0以降

 舞台めぐりが取り上げる作品の第1弾は『ガールズ&パンツァー』。舞台はいまだに巡礼に訪れる人の多い大洗だが、別の作品・別の地域にサービスを拡大していく計画もあるようだ。

作品の舞台をスムーズにめぐり、旅の記録を残せる

 さて、舞台めぐりってどんなアプリという人に向けて、簡単にアプリの機能を紹介しておこう。スマホの地図とGPSの情報を頼りに、作品に登場した場所に向かえるアプリだ。アプリ上では作中のシーンも確認可能。さらにスポットに立ってカメラで撮影する際には、そのシーンを実風景の上に半透明で重ねられるので、本物に近い構図で写真を残せる機能までついている。

 写真のフレーム内には、アニメに登場したキャラクターを拡大縮小や回転して好きな場所に配置できるので、アニメキャラクターとファンの2ショットを収めた写真を残すことも可能。また、現地に脚を運び、撮影が済んだ人だけがゲットできるオリジナル特典(特典ボイス)を用意したり、大洗の街で開催されるイベントの情報が告知されたりと、ファンサービス的な要素も盛り込んでいる。

 ちなみにアプリでは、“大洗満喫コース”“アウトレット周辺散策コース”“商店街コース”など、要領よく聖地の撮影ポイントを回るためのモデルコースが用意されているが、もちろんアプリ側で用意した場所以外での撮影も可能だ。

 撮影した写真はスマホのGPS機能と連動するので、巡礼で実際に辿ったルートや、撮影をした場所、そして訪れた時間(実際の所要時間)といった情報も残せるし、自分のルートをほかのユーザーに公開することもできる。訪れた写真にはコメントをメモ的に付加でき、SNSで共有したりもできるので、あとからそれを見れば、自分で見つけたオリジナルスポットを含めて、巡礼した旅の思い出を振り返ることもできる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART