このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Yahoo!が「Tumblr」買収? メイヤーCEOの買収戦略を探る

2013年05月19日 12時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Yahoo!が人気ブログサービス「Tumblr」の10億ドル(約1023億円)での買収を検討しているという。

 同件を報じているのはAll Things Digital(以下、ATD)のPeter Kafka氏とKara Swisher氏で、ユーザー層の若返りを狙いのひとつとしている。もしこの買収が成立すれば、同社現CEOのMarissa Mayer氏が同職に就任してから初の大型買収ということになる。その背景について簡単に追いかけていく。

SNS先駆者らの機能の数々を取り込んだ人気サービス

 Tumblrは2007年にスタートしたBlog型サービスで、時期的にはTwitterなどの新興SNSと同期にあたる。特徴は、画像も含めたマルチメディア情報や短い文章での投稿が容易な点と、「Re-blog」(リブログ)と呼ばれる他者の投稿を自身のエントリに“再投稿”可能な独特な仕組みを備えており、コメント機能によるコミュニティ形成が行なえる点など、FacebookやTwitterといった先駆者らの長所をある程度同時に兼ね備えたところにある。

 またFoursquareと並び、この手のウェブサービスでは比較的珍しいニューヨークを拠点としたベンチャー企業であり、その人気も相まって関係者らの注目を集めている。ATDによれば、2007年から現在まで1億2500万ドル(約128億円)の投資を集めており、現在の市場価値は8億ドル(約819億円)程度。そしてYahoo!による買収提案は幾分かのプレミアを載せた形で買収価格にして10億ドル(約1023億円)の大台に到達したことになる。

 ATDのレポートによれば、同件に近い筋の話として、Yahoo!Tumblrとの戦略提携か資本参加、あるいは直球に会社そのものの買収を模索しているという。もともとCEOのMayer氏は前職のGoogle在籍時代にTumblrに興味を示しており、Yahoo! CEO就任後に改めてTumblr共同創業者兼CEOのDavid Karp氏と会っていたようだ。

 もちろん、先日Yahoo!が買収を断念したFrance Telecom傘下の動画共有サイト、「Dailymotion」(デイリーモーション)のようになる可能性もあるものの(関連リンク)、これは実際の投資や買収に踏み込んだレベルの話であり、同サービスの取り込みを踏まえた交渉だと情報源では説明している。今回のTumblrや前述Dailymotionに匹敵する最近のYahoo!による大型買収としては、ほかに動画サイト「Hulu」の名前が挙がっているが、こちらはYahoo!以外にも買収候補がおり、同社が買収を成立する可能性は必ずしも高くない(関連リンク)。

Mayer氏CEO就任来初の大型買収案件

Marissa Mayer氏

 Mayer氏がYahoo! CEOに就任したのは2012年7月だが、それから約1年、Tumblr買収が成立すれば初の大型買収案件となる。同氏のCEO就任を機会に、それまで比較的おとなしかった買収件数が増え始め、特に2013年に入ってからはまだ年の半分も経過していないのに10件近い買収計画が発表されている。

 とはいえ、買収案件の多くは1件あたり数千万ドル程度の比較的小規模なスタートアップ企業買収であり、あくまでYahoo!を構成するサービスの機能補完が目的で、Mayer氏が就任後の初会見で述べた「モバイル戦略にフォーカスする」という当初の目標に沿ったものとなっている。

 買収企業一覧はWikipediaの関連ページに詳しいが、これら買収で特に話題となったのは当時わずか17歳のアプリ開発者からアプリ販売権を買い取った「Summly」くらいで、このアプリをYahoo!に売却したNick D’Aloisio氏は同年齢にして億万長者の仲間入りを果たしている。つまり、積極的な買収攻勢に反して、会社の業績を左右するような大型買収はまだ行なわれていないといえる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART