このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

こんなに小さくなっちゃった! 海外でも出張先でも、 自宅のテレビが観られる

どこでもテレビ「Slingbox 350」は今が買い!

2013年03月25日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Slingbox 350とフリーライターの花茂未来さん

高画質で安価になった
買わずにはいられない

独創的なデザインで、幅約18㎝、奥行き約11㎝と非常にコンパクト。電源オンで白色LEDがピカっと光る

 ノマドなんて言葉もあるけれど、フリーライターはまさにその典型例。ノートパソコン片手に取材先と打ち合わせ先を行き来する毎日だ。でもちょっとした空き時間には、ほっと一息つきたいもの。カフェでスマホでもいじりながら、ゆったりと動画でも観る生活に憧れる。

 そんな僕が目を付けたのが、イーフロンティアの『Slingbox 350』。自宅の録画機やチューナーをインターネット経由で操作して、スマホやパソコンで簡単に番組を観られる製品だ。

 全世界で100万人以上が利用するSlingboxシリーズの最新作。3月から発売されるSlingbox 350では、画質が1080p対応となり、本体も大幅に小型化している。しかも価格が1万円も安くなったのだ!

本体は驚くほど小型化
リモコン操作も可能

 テレビ周りのスペースはとても貴重。限られたAVラックのスペースを有効活用するためにも、筺体が小型化した点は嬉しい。Slingbox 350の設置面積は、従来のPro-HDと比較して半分以下で、幅は18センチと一般的なBDレコーダーの半分にも満たない。隙間にスッと収納できるコンパクトさがウリなのだ。

 赤外線発光部を本体に内蔵する点も注目のポイントだ。本体の前面および両側面に発光部が内蔵されているため、接続した機器の近くに置くだけで機器を操作できる。何気ないがここは大きな進化ポイントだろう。

 ちなみに、少し離れた場所や、光をさえぎる場所に置かざるを得ない場合を想定して、ピラミッド型のリモコンケーブルも同梱されている。デザイン的な面白さもこの製品の特徴である。

さらに鮮明な自動調整!
画質はフルHD対応

画質は回線速度に応じて自動調整。スマホやタブレットの3G回線でも、途切れず、高画質な再生だ。

250kbps程度の回線でも途切れず動画を再生可能。3G回線でもワンセグとは比較にならない高画質が期待できる
フルHD対応なので鮮明!高速な回線とパソコンの組み合わせなら、大画面でも納得の高画質だ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART