このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

“コミックマーケット83”レポート ― 第1回

今年の締めくくり! 17万人を記録したコミケ83コスプレレポ

2012年12月30日 01時52分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
開場1時間後の11時前後の東ホールの様子。すでに多くの人で埋め尽くされている

 2012年のオタク活動の締めくくりとなる「コミックマーケット83」(以下、C83)が東京有明 東京ビッグサイトで、本日から31日までの3日間の会期で始まった。

 初日の29日には昨年の15万人から2万人増加した17万人が参加。12月8日に、一般報道でも取り上げられている「黒子のバスケ」関連イベントへの恐喝行為により、同作品の二次創作物の頒布自粛要請がサークルに出されたほか、長いコミックマーケットの歴史のなかで2回目となる手荷物検査が実施される緊張の幕開けとなったが、フタが開けてみると、大きな混乱もなく無事に1日目が終了した。

 企業ブースは午前中から多くの人で賑わい、例年にないほどの混雑ぶり。15時を回った時点でも西4階ホールは人で埋め尽くされ、出展する企業ブースのスタッフたちからも「この時間まで混雑するのは久しぶりじゃないでしょうか」「初速も早かったですが、勢いが衰えることなく、続いているので明日以降の混雑対策を練り直さなくてはなりません」といったうれしい悲鳴も聞こえた。

15時が過ぎても人でいっぱいの企業ブース。こんなのはじめて!
電撃作品もブースを出展。ワーナー エンターテイメント ジャパンのブースでは常盤台中学の生徒さんがたくさんお手伝いに来ていた
マイクロソフトブースではBIG PADをつかって砂金氏とクラウディアさんにぺたぺたしながらWindows 8を解説。見守る人の中には動画を撮る人の姿もあった
タブレットPCを使ったアンケート。アタリの景品には、スマホ手袋など豪華な景品が用意されていた

 また、直前インタビューでお伝えしたマイクロソフトブースも大盛況で、担当する砂金氏、戸倉氏ともに確かな手応えを感じていたようだ。なお、今回からコスプレ広場が大々的に拡大。これまでの庭園、西駐車場(1、2日目)、西屋上広場(2、3日目)に加えて、西アトリウム、西トラックヤード、東トラックヤード、東エントランス2Fが新たにコスプレ広場として利用可能になっていた。

今回、テストケースとして先行入場モニターを実施していたこともあり、午前中の早い時間からコスプレイヤーさんの姿がコスプレ広場で見られた当初の告知でコスプレエリアには記載がなかった待ち合わせ広場もコスプレ撮影が可能だった
東エントランス2Fは、東京湾の港湾施設を背景に撮影できる絶景スポットになっていたが、海風が強く冬場には少々厳しい環境だろう。夏コミでは人気の撮影スポットになるのでは?東のトラックヤードもコスプレエリアとして開放。写真は自宅警備隊の人たち
移動中にたまたま見つけてしまった「ソードアート・オンライン」コスプレのスタッフ集団。東3ホールの館内担当者たちが休憩時間でたまたま集まっていたところに通りかかったので、すかさず激写!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社