このページの本文へ

Pioneer「BDR-S08J-W」、「BDR-S08J-BK」、「BDR-S08J-KR」

十和田パイオニア製造の「BDR-S08J」シリーズが発売開始

2012年12月08日 23時46分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パイオニアから内蔵型Blu-rayドライブの新製品「BDR-S08J」シリーズが発売された。Windows 8対応ソフトが付属し、カラーラインナップはクリアホワイト「BDR-S08J-W」とピアノブラック「BDR-S08J-BK」、ラバーブラック「BDR-S08J-KR」の3モデル。

内蔵型Blu-rayドライブの新製品「BDR-S08J」シリーズ。ベゼルデザインの違いで3モデルが用意される

 BD-Rディスクへの15倍速書き込みを実現したBlu-rayドライブの新製品。高速回転に合わせて新クランパーを採用し、ディスクの回転を安定させ記録精度と静音性を向上。さらに目的に合わせて記録速度を優先する「ハイスピードモード」と、記録精度や静音性を優先する「標準モード」の2種類の動作モードを切り替えて使用できる。
 またネットワーク経由でBDディスクにデータを保存できる「DiXiM BD Burner 2013 for pioneer」が同梱され、ネットワークレコーダ「nasne」で録画した番組のバックアップも可能。そのほかCyberLink製「PowerDVD10」「PowerDirector 9」などの付属ソフトはすべてWindows 8に対応しており、幅広いOS環境で利用できる。

十和田パイオニア製造と明記されたパッケージ。“純日本製のドライブ”というわけだ

 そのほかディスク表面に汚れや傷がある音楽CDでもデータ読み取りを可能とする「PureRead3+」、動作ピーク時の電力消費量を抑える「PEAK POWER REDUCER」、データ読み出し時に発生する信号のノイズをクリアにする「リミットイコライザー」、書き込み時の記録精度を向上する「ディスク共振スタビライザー」などの独自機能を搭載する。
 主なスペックは書き込み速度がBD-R×15倍速、BD-R DL×14倍速、BD-R TL×8倍速、BD-R QL×6倍速、BD-R(LtH)×8倍速、BD-RE×2倍速、BD-RE DL×2倍速、BD-RE TL×2倍速、DVD-R×16倍速、DVD-R DL×8倍速、DVD-RW×6倍速、DVD+R×16倍速、DVD+R DL×8倍速、DVD+RW×8倍速、DVD-RAM×5倍速、CD-R×40倍速、CD-RW×24倍速。

価格はご覧の通り。Windows 8対応ソフトが付属する

 ディスクローディングタイプはトレー式で、設置条件は縦置き横置き両対応。なおバッファメモリーサイズは4MBで、インターフェースはSerial ATA。なお、同製品については、純国産の信頼と情熱の結晶! パイオニア製BDドライブ「BDR-S08J」に詳しいのでそちらも参照していただきたい。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

価格ショップ
「BDR-S08J-W」
¥22,480ドスパラ パーツ館
¥22,970フェイス秋葉原本店
¥22,980パソコンショップアーク
TWOTOP秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT
「BDR-S08J-BK」
¥22,480ドスパラ パーツ館
¥22,970フェイス秋葉原本店
¥22,980パソコンショップアーク
TWOTOP秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT
「BDR-S08J-KR」
¥23,480ドスパラ パーツ館
¥23,970フェイス秋葉原本店
¥23,980パソコンショップアーク
TWOTOP秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中