このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

モバイルか? スタミナか? 実用性か?

ウスカルPC「Endeavor NA601E」の底力はハンパなく高い!

2012年12月12日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自由なカスタマイズが可能なモデル

 ロードテストで取り上げているエプソンダイレクトの「Endeavor NY2300S」と同様に、ビジネスシーンでの使用を主として想定したスリムコンパクトノート。それが、今回ご紹介する「Endeavor NA601E」だ。

 「Endeavor NY2300S」は、カスタマイズの幅をあえて狭めることによって、モデルチョイスの簡単さを追い求めていたが、この「Endeavor NA601E」はそれと正反対。HDDやメモリの容量、さらにOSも最新のWindows 8やWindows 7もチョイスできるなどフルカスタマイズが可能という、いわば“エプソンダイレクトらしさ”に溢れる1台となっている。

 共通するのはその筐体や、搭載するディスプレーといったところ。ディスプレーは1366×768ドット表示の14型液晶で、長時間の作業でも目が疲れにくいノングレア加工を採用。また本体の厚さは約22mmと、これは10円玉の直径よりもスリム。カバンのちょっとした隙間にも入れやすい厚さとなっている。

1366×768ドット表示対応のWXGA液晶を採用。書類を作成しながら、ネットで参考情報を調べるなど作業領域的にも十分本体の厚さは約22mmとスリム。加えて、凹凸が少なくフラットな形状で、カバンへの出し入れもスムーズ。持ち歩きにも適している

 端子類は、USB 2.0(2基)に加え、USB 3.0も備えるが、こちらは1基のみ。ただし、本体の電源オフ時や休止状態でもUSB機器の充電が可能な「USB充電機能」に対応しており、出先でのケータイやスマホのバッテリー切れの際に重宝しそう。また映像出力は、HDMIにくわえてアナログ外部ディスプレー出力も備えており、やや古めのディスプレーやプロジェクターとも連係可能だ。

左側側面部には、HDMI・アナログ外部ディスプレー出力のほか、USB 3.0端子を備える

 キーボードはアイソレーションタイプを採用し、キーピッチ18.75mm、キーストローク1.4mmと、ともに余裕のつくり。とくに、EnterキーはBackSpaceキーは、ともに大きめとなっている。頻繁に使うキーだけに、キーが大きくタイプしやすいのはうれしい。キーの押し込み感は、比較的軽めの感触だ。

テンキーこそないものの、全体的にゆったりしたキーピッチで、手の大きい人でもスムーズにタイピングできるだろう

動画で製品のポイントをチェック!

前へ 1 2 3 次へ

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

デスクトップPC一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

ノートPC・タブレット一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

タッチパネルPC一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

周辺機器一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社