このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ソニー「NEX-5R」&「NEX-6」の画質を徹底チェック!

2012年11月29日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アプリ追加で機能を好みで拡張できる

 NEX-5RNEX-6の大きな特徴といえるのが無線LANとアプリ追加機能だ。無線LANの内蔵によりスマートフォンやタブレットとの連携が可能で、カメラのリモートコントロールや画像のダイレクト転送が可能になる。それらの機能を利用するには専用アプリの「PlayMemories Mobile」が必要。iOS版とAndroid版が無償でダウンロードできる。

無線LANを利用してカメラから直接ネットにアクセスすることで、アプリをダウンロードすることができる
無線LANを利用してカメラから直接ネットにアクセスすることで、アプリをダウンロードすることができる

 また、カメラ側にも「PlayMemories Camera Apps」というアプリを導入する必要がある。ダウンロードにはユーザー登録が必要で、カメラ本体、もしくはPCからアプリをダウンロードできる(PCにダウンロードした場合はUSB経由でインストールする)。

 PlayMemories Camera Appsは機能によってアプリが個別に用意されており、アプリによっては有償のものもある。いずれにしても、自分の使いたい機能だけをチョイスして導入できるのはうれしい部分だ。

明るさやコントラスト、彩度や美肌効果の調整を撮影後の画像から選んで処理できる「フォトレタッチ」アプリ
標準でもいくつか入っている「ピクチャーエフェクト」を拡張する「ピクチャーエフェクト+」。拡張された機能には「+」のマークがついている。重複する項目もあるが、微調整できる項目が増えている

ピクチャーエフェクトの撮影サンプル

ポップカラー ポスタリゼーション
ポップカラーポスタリゼーション
レトロフォト ソフトハイキー+
レトロフォトソフトハイキー+
パートカラー+ ハイコントラストモノクロ
パートカラー+ハイコントラストモノクロ
ソフトフォーカス 絵画調HDR
ソフトフォーカス絵画調HDR
リッチトーンモノクロ ミニチュア+
リッチトーンモノクロミニチュア+
水彩画風 イラスト風
水彩画風イラスト風
トイカメラ+ トイカメラ+

 NEX-5R、NEX-6ともに特殊な効果を付与する「ピクチャーエフェクト」が標準で搭載されているが、アプリの「ピクチャーエフェクト+」を導入することで機能が拡張される。効果名の後に「+」が付いてるのは追加されたエフェクト。主に既存のエフェクトに調整する機能が付加される。

 現状では上記2つのアプリのほか、カメラから画像を直接SNSサービスにアップロードできるようにする「ダイレクトアップロード」と、スマホから遠隔でライブビューの確認とシャッターが切れるようにする「スマートリモコン」が用意されている。今後の展開が楽しみだ。

ラインナップの強化で
使用目的によって選べる「NEX」シリーズ

 ミラーレス一眼の中では人気の高いNEXシリーズ。ちょっと機種が多くなってきた印象もあるが、幅広い層に対応でき、目的にあわせて上から下まで揃ってきたのはいいことだ。

 タッチパネルの有/無や液晶の可変角度、インターフェースの違いで差別化をしているが基本機能としてはNEX-5RNEX-6はほぼ共通。インターフェースの違いからNEX-5Rはオートを主体に気軽さを重視するスタイル、NEX-6はマニュアル操作を重視したより写真好きな人におすすめだ。



ソニーストア

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン