このページの本文へ

PC POWER&COOLING「Silencer Mk III 1200W」

白筺体がよく目立つ! キャノンプラグ採用の1200W電源が登場

2012年11月10日 23時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 80PLUS PLATINUM認証を取得した容量1200Wの電源ユニット「Silencer Mk III 1200W」がPC POWER&COOLINGから発売となった。

PC POWER&COOLINGから発売となった80PLUS PLATINUM認証を取得した容量1200Wの電源ユニット「Silencer Mk III 1200W」

 OCZが取り扱う電源ユニットブランドのPC POWER&COOLING。「Silencer Mk III 1200W」は1200Wという大容量に加え、ホワイト筺体の採用、そしてなによりキャノンプラグ着脱式となるのが特徴の電源ユニットだ。
 主なスペックは、電源規格がATX12V Ver2.31/SSI PSDG standard準拠。80PLUS PLATINUM認証の高効率設計で、構成部品のうちコンデンサーはすべて日本製105度品を採用。出力は+12Vシングルレールで99.5A。搭載ファンは140mm口径の2ボールベアリングで、負荷状況により最適な回転数が保たれる仕組み。

1200Wという大容量に加え、ホワイト筺体の採用、そしてなによりキャノンプラグ着脱式となるのが特徴の電源ユニット。ホワイトカラーのPCケースとの相性は抜群だろう

 キャノンプラグ式を採用するケーブルはATXメイン20+4ピン×1、CPU 4+4ピン×1、PCI Express 6+2ピン×2は直結式、その他CPU 4+4ピン×2、PCI Express+2ピン×4、SATA×4、4ピンペリフェラル×2、FDD×1は着脱式という構成。そのほかサイズは150(W)×180(D)×86(H)mm、重量2.88kg。
 価格はドスパラ パーツ館で2万9700円、パソコンショップアークとOVERCLOCK WORKSで2万9800円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中