このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

業界人の《ことば》から ― 第14回

米アップル・フィル・シラー氏

このMacBook Proは、世界で2番目の高解像度

2012年11月10日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「他社の15型や17型液晶ディスプレーを搭載したPCよりも、13型のMacBook Proの方が解像度が高い」

(米アップル・ワールドワイドマーケティング担当
シニアバイスプレジデント・フィル・シラー氏)

あえて2番目の解像度と表現したシラー氏

 少し前の日本では、世界一のスーパーコンピュータの開発予算措置を巡り、「一番でなくてはいけないんですか」という言葉が流行したが、米アップルのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィル・シラー氏は、発表したばかりの新製品を、2番目と言い切ってしまった。

13型MacBook Proを「2番目」と言い切ったフィル・シラー氏

 アップルは、米国時間の2012年10月23日、7.9型液晶ディスプレーを搭載したiPad miniなどとともに、史上最軽量となる新たなMacBook Proを発表した。

 13型Retinaディスプレーを搭載したMacBook Proは、従来製品にる比べて、20%薄くなり、1.62kgというMacBook Pro史上最軽量の軽さを実現した。

 これまでのMacBook Proでは、15型の製品において、Retinaディスプレーを搭載していたが、今回新たに13型でもRetinaディスプレーを採用。409万6000ピクセルの解像度を実現し、「ほとんどのHDテレビよりも、高い解像度を達成している」と表現したほか、「他社の15型や17型液晶ディスプレーを搭載したPCよりも、13型のMacBook Proの方が解像度が高い」と強調した。

 この13型のMacBook Proを上回る解像度を実現しているのが、すでに発売されている15型のMacBook Pro。500万ピクセル以上の高解像度を誇る。だからこそ、13型のMacBook Proを2番目と表現してみせたのだ。

 日本ではより薄型のMacBook Airが注目を集める傾向が強いが、13型のMacBook Proは、より高い性能を求めるユーザーにとっては魅力的なモデルだ。とくに米国市場では、MacBook Proの人気が高い。

 発表内容では、iPad miniに注目が集まったが、軽量、薄型化といった観点からも進化を遂げた13型MacBook Proは、アップルのノートPC戦略において、重要な位置を占めることになる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ