このページの本文へ

au冬モデルは4G LTE対応スマホ9製品 通信速度も速いぞ! ― 第1回

【au冬スマホ9製品概略】auもLTE対応で通信スピードが自慢!?

2012年10月17日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 auの冬モデルの新製品が発表された。スマートフォンは9製品で、すべて4G LTE対応だ。HTC Jをのぞく、8機種は11月2日に一斉発売。先行してリリースされたiPhone 5でサポートされている2.1GHz帯ではなく、もともとKDDIが力を入れていた800MHz帯/1.5GHz帯のLTEに対応するため、通信スピードにも注目が集まる。

 個別の端末としては、他社でも人気のXperia、GALAXY S III、AQUOS PHONE、ARROWS、Optimus Gといったブランドが並んでいるが、最注目モデルは夏モデルにつづいて登場した「HTC J」。5型フルHD液晶(1080×1920ドット)、クアッドコアCPU、Android 4.1と非常にハイスペックだ。

 詳しいスペック表は別記事に掲載したので、まず本記事では全モデルの概略を説明する。

※詳細スペックの空白部や記事内容は順次更新予定です。

■スマートフォン9製品の主要スペック表

全機種4G LTE対応 国内ユーザー向け機能はもちろん
WIN HIGH SPEEDにも全機種対応で3Gも高速!

HTC「HTC J butterfly HTL21」
 5型のフルHD液晶搭載! au冬モデル最高スペックモデル
ソニーモバイル「Xperia VL SOL21」
 防水・防塵対応の新Xperiaがauにもキタ もちろんLTE対応
サムスン電子「GALAXY S III Progre SCL21」
 人気のGALAXY S IIIも同じスタイルでauに上陸
シャープ「AQUOS PHONE SERIE SHL21」
 au向けAQUOS PHONEは4.7型 カメラは約1312万画素!
富士通「ARROWS ef FJL21」
 フルスペックを小型ボディーに詰めた大人向け端末
LG「Optimus G LGL21」
 LG自慢のクアッドコアCPU搭載機がauでも登場
京セラ「DIGNO S KYL21」
 今度のDIGNOはバッテリーが自慢 なんと2520mAh
パンテック「VEGA PTL21」
 韓国三大ブランドの最後が日本に タッチレス操作が自慢
NECカシオ「G'zOne TYPE-L CAL21」
 G'zOneスマホの新製品は気圧センサー搭載で天候予測

5型フルHD液晶搭載のau冬モデルの最高スペック機
HTC「HTC J butterfly HTL21」

 ネット上では以前から噂になっていた、HTCの5型フルHD液晶搭載スマートフォンが、まずは日本で発表だ。夏モデルと同様に「HTC J」という製品名だが、冬モデルでは「butterfly」がついている。CPUはクアッドコアのSnapdragonで、OSはAndroid 4.1。従来モデルでは非対応のWIN HIGH SPEEDや防水をサポートするなど、スペック的には穴がなくなった。登場は本機種のみ12月になるが、au冬スマホで一番の注目モデルと言えるだろう。

 製品個別記事はこちら


防水・防塵対応の新Xperiaがauでも登場
ソニーモバイル「Xperia VL」

 海外では「Xperia V」、ドコモからは「Xperia AX」として発表された、防水・防塵対応の新Xperiaがauからもリリースされることになった。4G LTEを始め、FeliCa/ワンセグ/赤外線とフルに対応した注目モデルとして、auでも人気モデルとなること間違いなしだ。

 製品個別記事はこちら


Androidスマートフォンで人気No.1モデルのau版
サムスン電子「GALAXY S III Progre SCL21」

 ご存じ、Androidスマートフォンでは日本・世界両方で売上1位の「GALAXY S III」。そのau版モデルだ。CPUはデュアルコアだが、UIのスムーズな操作性や高いスペックはそのまま。目の動きで画面の消灯を防ぐ「スマートステイ」やジェスチャー操作もサポートする。

 製品個別記事はこちら


光学手振れ補正対応の1312万画素カメラ搭載
シャープ「AQUOS PHONE SERIE SHL21」

 夏モデルではWiMAX対応だった、au向けの「AQUOS PHONE SERIE」。冬モデルでは他製品と同様にLTE対応でリリースされた。ディスプレーは4.7型液晶。カメラも裏面照射型の約1312万画素CMOSに加えて、光学式、電子式の手ブレ補正でキレイな写真が簡単に獲れる。auスマートパスのサービスを使い尽くせる独自アプリもインストールされている。

 製品個別記事はこちら


大人向けのコンパクト防水スマホ
富士通「ARROWS ef FJL21」

 ARROWSシリーズはハイエンドのイメージが強いが、au向けの「ARROWS ef」は、爽やかな色のカラバリで、4.3型液晶によるコンパクトなボディーが特徴の大人向けモデル。ヒューマンセントリックエンジンや指紋センサーといった富士通独自の機能は継続して搭載。一方、塗装がはげにくく、指紋もつきにくい「ウルトラタフガードplus」も自慢の要素である。

 製品個別記事はこちら。(現在制作中)


クアッドコアCPU&4.7型IPS液晶のハイエンド機
LG「Optimus G LGL21」

 同じ名称でドコモ秋モデルとして登場した製品の兄弟機。ドコモ向けと同じく、クアッドコアのSnapdragonを搭載するとともに、LG自慢の4.7型IPS液晶の表示にも注目である。動画やワンセグを半透過的に表示しながら、SNSやブラウザーなど他アプリを操作できる「Qスライド」機能も同じく搭載する。

 製品個別記事はこちら


とにかくバッテリーがデカい なんと2520mAh!
京セラ「DIGNO S KYL21」

 WiMAXスマホの中では安定した動作で、地味ながらも評価が高かった「DIGNO」。従来モデルではバッテリー容量が弱点だったが(1220mAh)、LTEスマホになった「DIGNO S」では、一気に2倍以上の2520mAh。ここまで発表されている冬スマホでは最大級になった。京セラスマホの特徴である、ディスプレーを振動させて音声を伝える「スマートソニックレシーバー」、文字入力が素早くできる「すぐ文字」も搭載。今回も隠れた人気モデルになる?

 製品個別記事はこちら。(現在制作中)


GALAXY、Optimusに続く、人気ブランドの日本上陸
パンテック「VEGA PTL21」

 韓国国内では、GALAXYやOptimusとともにハイエンドスマホとして知られるパンテックの「VEGA」。パンテック端末はauに継続してリリースされてきたが、VEGAブランドでは満を持しての登場となった。「VEGA Motion」と名づけられたモーション機能が特徴的で、イン側に取り付けられた赤外線センサーにより、画面に触れずに手を動かした動作を認識して操作が可能になる。

 製品個別記事はこちら。(現在制作中)


久々に登場のG'z Oneスマホ 今回は気圧センサーも搭載
NECカシオ「G'zOne TYPE-L CAL21」

 タフな環境で使えるG'zOneスマホの新製品が1年ぶりに登場。従来からのジャイロ/加速度/方位/温度の各センサーに加えて、さらに気圧センサーも搭載急な気圧変化を感知して、ユーザーに知らせたり、天候予測などに用いることも可能。また、Bluetooth 4.0のLow Energy仕様に対応。G-SHOCKとの組み合わせで、メールや天気情報などを連携して表示することが可能になる。

 製品個別記事はこちら



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART