このページの本文へ

MSI「Z77 MPower」

MSIからOC仕様のカスタムマザー「Z77 MPower」がデビュー!

2012年09月15日 23時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
    

 チップセットにZ77を搭載したオーバークロック向けマザーボード「Z77 MPower」が、MSIから発売となった。

Z77を搭載したオーバークロック向けマザーボード「Z77 MPower」が、MSIから発売

 ブラックカラーの基板にイエローラインをかたどったデザインは、MSIのフラッグシップVGA「N680GTX Lightning」を意識している。MSI独自の品質規格「ミリタリークラスIII」の最高ランク「スター5」に対応し、CPU周りのコンデンサーは耐久性に優れる「Hi-c CAP」を採用する。さらに3つのチップをワンパッケージにした高効率電源回路DrMOS II採用により、高いオーバークロック耐性を実現。また、基板上には「GO2BIOS Button」、「Multi BIOS Switch」、「Debug Led Panel」、「V-Check Points」などオーバークロック時に有用な機能を多数備える。
 オーバークロック耐性を保証する独自指針「OC Certified」に準拠するのも大きな特徴。パッケージには「Z77 MPower OC 保証」と記された用紙が同梱されている。

ブラックカラーの基板にイエローラインをかたどったデザイン。オンボードインターフェースも必要な機能に絞り、あくまでOCにフォーカスした仕様となる
オーバークロック耐性を保証する独自指針「OC Certified」に準拠するのも大きな特徴。パッケージには「Z77 MPower OC 保証」と記された用紙が同梱されている

 主なスペックは、主なスペックは拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×3、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×4、メモリースロットがDDR3-DIMM×4(DDR3-3000/2800/2667/2400/2133/1866/1600/1333/1066、最大32GB)。
 オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)、無線LAN(IEEE802.11 b/g/n)、Bluetooth 3.0+HS、8chサウンド(Realtek/ALC898)、SATA2.0×4、SATA3.0×2、USB 3.0×6などを装備。I/O部にはグラフィックス出力機能としてHDMI/DisplayPortを備える。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

2万円を切る価格設定は機能の割には安い印象。OCしないというユーザーにももちろんオススメだ
価格ショップ
「Z77 MPower」
¥18,980(完売)PC DIY SHOP FreeT
¥19,200OVERCLOCK WORKS
¥19,800パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥19,990ドスパラ パーツ館

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中