このページの本文へ

ASUSTeK「C60M1-I」

TDP 9WのAPU「AMD C-60」を搭載するファンレスマザーが登場

2012年09月15日 23時03分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのノートPC向けFusion APU「C-60」を搭載した、Mini-ITXマザーボード「C60M1-I」がASUSTeKから発売された。

TDP 9Wの超低電圧APU「AMD C-60」を搭載するMini-ITXマザーボード「C60M1-I」がASUSTeKから登場。価格も7000円台と安い

 この製品はTDP 9Wの超低消費電力APU「AMD C-60」を搭載するのが特徴だ。同APUには、1GHzのデュアルコアCPUと動画再生支援機能UVD3を備えたGPUコアRadeon HD 6290が統合され、低消費電力ながら優れたグラフィックスパフォーマンスを発揮する。
 同APUを採用する製品としては、先月ECSから「HDC-I2/C60」が発売済み。ただし、今回登場した「C60M1-I」は完全ファンレス仕様のヒートシンクを装着している。

完全ファンレス仕様のヒートシンクを装着。SSDやACアダプター電源と組み合わせれば静音や無音PCの構築も十分可能だろう

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express x4×1(x16形状)、メモリーがDDR3 DIMM×2(DDR3-800/1066、8GBまで)。オンボードインターフェースにはギガビットイーサネット(Realtek/8111F)や8chサウンド(VIA/VT1708S)のほか、チップセット「A50M FCH」によるSATA3.0×6が用意されているのもポイント。I/O部にはUSB 2.0×6やD-Sub×1、DVI×1を備える。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

オンボードインターフェースにはギガビットイーサネット(Realtek/8111F)や8chサウンド(VIA/VT1708S)のほか、チップセット「A50M FCH」によるSATA3.0×6が用意されているのもポイント
価格ショップ
「C60M1-I」
¥7,470フェイス秋葉原本店
¥7,480パソコンショップアーク
オリオスペック
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
TWOTOP秋葉原本店
ドスパラ パーツ館
フェイス秋葉原本店
PC DIY SHOP FreeT

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中