このページの本文へ

PCレスでも720p動画をライブ配信 セレボ「LiveShell Pro」

2012年09月05日 19時23分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Ustreamやニコニコ生放送の配信者御用達の「Live Shell」の上位モデル「LiveShell Pro」
代表取締役社長の岩佐琢磨氏は「LiveShell Proは、4桁の販売台数は目指していきたい」とコメントした

 ネットワーク接続型の家電を開発しているセレボは5日、ビデオカメラやスマートフォンと接続して、パソコンを介さずにUstreamやニコニコ生放送といったライブ配信を可能とする「LiveShell Pro」を発表した。10月から販売を開始し、価格は直販サイトで5万4999円。Amazonやキバンインターナショナルからも販売を予定している。

映像配信機器の発表会らしく、その模様はUstreamで配信されていた

 LiveShell Proは、2011年10月に発表した「Live Shell」の上位モデル。解像度は1280×720ドットまで対応したほか、映像出力端子を新たに備えた。バッテリーは専用充電池を採用し、約3時間の連続駆動が可能(有線LAN接続にて、HDMI端子からの映像入力を用いて720pで配信した場合)。

前面にはマイク入力と映像出力端子を配置している
インターフェースは背面に集中している。HDMI端子には脱落防止用のネジ穴に対応している

  各種設定は内蔵ウェブサービス「Dashboard」で行なえるので、ウェブブラウザーがあればできる。音量の調整や画質の変更、録画の開始・終了などといった基本操作から、動画へのテロップ挿入までパソコンやスマートフォンで設定できる。文字以外に、画像データも配信中にテロップ挿入可能だ。

 インターフェースは、HDMI入力、コンポジット入力、マイク/ライン入力端子を備える。通信機能は10/100BASE-TX LANで、同梱されているUSB接続のWi-Fiアダプターを利用すれば、IEEE 802.11b/g/nの無線通信も利用できる。

「LiveShell Pro」を手に持ったフラップガールズスクールの青山玲奈(れいな)さん


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART