このページの本文へ

ECS「HDC-I2/C60」

TDP 9Wの「AMD C-60」を搭載するマザーがECSから誕生

2012年08月29日 23時02分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TDPがわずか9Wという省電力プロセッサー「AMD C-60」を搭載したMini-ITXマザーボード「HDC-I2/C60」がECSから発売となった。

省電力プロセッサー「AMD C-60」を搭載したMini-ITXマザーボード「HDC-I2/C60」がECSからデビュー

 この製品はTDP 9Wの超低電圧APU「AMD C-60」を搭載するのが特徴のMini-ITXマザーボード。同CPUには、1GHzのデュアルコアCPUと動画再生支援機能UVD3を備えたGPUコアRadeon HD 6290が統合され、省電力ながら優れたグラフィックスパフォーマンスを備える。
 主なスペックは拡張スロットがPCI×1、メモリがDDR3 DIMM×2(DDR3-800/1066、8GBまで)。ギガビットイーサネットや6chサウンド、SATA2.0×2。I/O部にはUSB 2.0×8や音声入出力×3、D-Sub×1、HDMI×1を備える。なお、小型のケースへの組み込みを配慮し、I/Oリアパネル部より背の低い薄型ヒートシンクを搭載するのも特徴。
 価格は8980円。PC DIY SHOP FreeTで今日から販売中だ。

TDP 9Wの超低電圧。1GHzのデュアルコアCPUと動画再生支援機能UVD3を備えたGPUコアRadeon HD 6290が統合され、省電力ながら優れたグラフィックスパフォーマンスを備える
ヒートシンクには冷却ファンを装備。ただし、I/Oリアパネル部より背の低い薄型ヒートシンクを搭載する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中