このページの本文へ

約9000円なら買いだ! PS Vita風Android端末のホワイトモデル

2012年08月25日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月に発売されたPS Vita風のAndroid端末「S5110」のホワイトモデルが東映無線ラジオデパート店に入荷している。メーカーは中国のJXDで、価格はブラックモデル販売時より若干お得な8980円だ。

ゲーム特化型端末を得意とする中国JXD製「S5110」のホワイトモデルが入荷。フレームに飾られている「ANDROID PLAYER」のロゴもどこかPS的な雰囲気だ
携帯ゲーム機顔負けの各種ゲームボタンを搭載する

 ホワイトモデルの登場により“本家”よろしく好みに合わせて端末カラーを選べるようになったS5110。従来モデルより入力精度も上がったとのことで、激しいアクションシーンでも操作性に問題はなさそう。

 搭載OSはAndroid 4.0で、静電容量式の5型タッチパネル(800×480ドット)を採用する。スペックはブラックモデルと同様で、CPUはCortex-A9ベースの「AML8726-M3 1GHz」、メモリーは512MBで、ストレージ容量は4GB。外部ストレージには最大32GBのmicroSDHCカードが使用できる。

 本体サイズは幅195×奥行き86.6×高さ17mmで、重量は249g。背面に30万画素のカメラを搭載するほか、IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応する。

背面は握りやすいよう形状が工夫されている。側面には各種インターフェイスや電源ボタンを搭載する。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART