このページの本文へ

CORSAIR「Air Series」

CORSAIR初の冷却ファンが誕生、風量重視と静圧重視の2種類

2012年06月23日 22時25分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メモリーやPCケース、電源ユニットなど多数の自作パーツを取り扱うCORSAIRから、同社初の冷却ファン「Air Series」が登場した。

CORSAIR初の冷却ファン「Air Series」。風量を重視したケースファン向けのAFシリーズと、CPUクーラーや水冷ラジエーターに向くとされる静圧重視のSPシリーズをラインナップする

 「Air Series」は、風量を重視したケースファン向けのAFシリーズと、CPUクーラーや水冷ラジエーターに向くとされる静圧重視のSPシリーズをラインナップ。AFシリーズは口径140mmの静音タイプが1モデルと、口径120mmの静音タイプと高風量タイプが各1モデル。静圧重視のSPシリーズは口径120mmの静音タイプと高風量タイプの2モデルが用意される。

AFシリーズは口径140mmの静音タイプが1モデルと、口径120mmの静音タイプと高風量タイプが各1モデル。静圧重視のSPシリーズは口径120mmの静音タイプと高風量タイプの2モデルが用意される

 なお、いずれもファンの軸受け部分には、回転抵抗の少ないハイドロリックベアリングを採用。さらにファンの四隅には防振ラバーマウントを備え、共振やファンの回転によるノイズを防止する。またフレームはラウンド形状で、外周に装着する赤、青、白のカラーリングフレームが付属されるのもユニークなところ。
 価格は120mmモデルが1980円、140mmモデルが2480円。オリオスペックやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、パソコンハウス東映で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中