このページの本文へ

どっかに行っちゃったiPhoneを1発で探せるBluetoothタグ

2012年06月09日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 4Sや小物の置き忘れ防止に役立つBluetoothアクセサリー“ぶるタグ”こと「LBT-MPVRU01」シリーズがロジテックより発売された。ラインナップされているカラバリの内、今回入荷を確認したのは「レッド」と「ホワイト」の2色で、販売中のパソコンハウス東映における価格は3480円。

コンパクトでスタイリッシュなBluetoothタグ「ぶるタグ」が発売。3000円台と安価な価格設定が嬉しい

 ぶるタグは、iPhone 4Sや新型iPadとペアリングすることで相互呼び出しができるBluetoothタグ。専用アプリを使用してぶるタグの位置を確認したり、逆にぶるタグのボタンを押してiPhoneを呼び出すことができる。呼び出し方法は「バイブレーションとLED」、「メロディとLED」の2種類から選択可能。最新の「Bluetooth Ver4.0」を利用して通信するため、iPhone 4やiPad 2を含む旧機種には対応しないので注意が必要だ。

iPhone 4Sや新型iPadと連携し、お互いを呼び出せる。背面には服やベルトなどに取り付けられる大型のクリップを装備

 あらかじめキーホルダーや小物にぶるタグを取り付けておけば探す際も簡単で、iPhoneが見当たらない場合もぶるタグが手元にあればすぐに探しだすことができる。お互いの距離が離れた場合に通知してくれる機能も設定できるため、どちらかを置き忘れた際も安心だ。

 また、メーカーによると市販のBluetooth 4.0アダプターと組み合わせることで、PCから離れた時に自動でロックをかけることもできるという。近づいた際に自動でロックが解除できるよう設定することも可能で、セキュリティー面でも活躍してくれそうだ。

最新のBluetooth規格に準拠。側面には通知方法を切り替えるスイッチも搭載されている

 本体サイズは幅45×奥行き45×高さ13mmで、重量は約22g。電源はスーパーやコンビニでも購入できる一般的なボタン電池「CR2032」を使用する。Bluetooth通信が途絶えると約5分後に電源がオフになる省電力機能を搭載し、最大約2年の連続待受が可能。最大通信距離は約10m。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART