このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2012レポート特集第14回

シリアル入り深紅ケース採用の限定版SSD「NINJA」を予告したPLEXTOR

2012年06月07日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内のSSD市場でも人気のブランドであるPLDS社のPLEXTOR。南港展覧館にブースを出展する同社だが、興味深い新モデルを見つけることができたので紹介しておこう。

日本で人気のSSDブランドPLEXTOR。今年は南港展覧館にブースを出展している

新モデル「PX-M5S」シリーズが夏にも発売へ

今月末から出荷が開始される予定の新モデル「PX-M5S」シリーズ。スペックを見る限りエントリーモデルとなる製品だ

 期待通り確認できたのが「PX-M3P」シリーズに続く新モデル「PX-M5S」シリーズだ。半ば冗談半分で「なぜ順番通りのM4ではないのか?」という質問には同社でRegional Manager Channel Marketing & Sales Div. Optical Disc Drive B.U.を務めるAddy Chen氏が答えてくれた。「それはC社と同じだからだ(笑)。というのはジョークとして、台湾のメーカーであるPLDSにとっては“4”という数字はあまり気分の良いものではない」とのコメント。それほど深い意味はないようで、日本通でもある同氏からは「日本も同じですよね」と指摘いただいた。
 肝心の製品本体はコントローラには従来通りMarvell製「88SS9174」を採用。そしてNANDフラッシュにはMicron製を使用しているという。位置付けとしてはエントリーモデルとなりそうで、容量ラインナップは64GB、128GB、256GB、512GBの4モデル。早ければ今月末から出荷が開始される予定だ。

PLEXTOR社員も使いたいSSDの限定版「NINJA」

日本でも今から争奪戦となりそうなスペシャル限定版のSSD「NINJA」。東芝製34nmMLC NANDフラッシュ採用。保証期間は5年となる

 もうひとつ気になるのが「カスタムファームウェアを搭載した限定版の新型SSD」という「NINJA」だ。深紅のアルミ製筺体が見た目にもスペシャルな印象だが、完全限定生産で出荷も少量という。その証拠に本体にはシリアルナンバーが刻印されていた。
 そもそもの発端は「社内のR&Dチームと皆が作った非公開のファームウェアを搭載して遊んでいたが、コレ発売したら面白いんんじゃないか?」というのが理由とか。採用するのは高耐久の東芝製34nmMLC NANDフラッシュで、それを聞いただけでも購入を決めたユーザーも多いはず。ラインナップは256GBの1モデル。夏には発売したいとのことだったので楽しみに待ちたい。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中