このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

256GBが3万円台! どれを買う? 春のSSD特集 2012 ― 第2回

ベンチマークで対決 1番速い256GB SSDはこれだ!

2012年04月24日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SSD特集で扱う人気SSD 4製品。左上から時計回りに、OCZ「Vertex 4」、サムスン「SSD 830」、インテル「SSD 520」、プレクスター「M3 Pro」

 春のSSD特集の第1回で、人気SSDの特徴と、それぞれの基本的なスペックについては把握していただけたかと思う。それでは、どのSSDが高速なのか? 特集2回目では実際に計測して検証してみた。

SSDテストの概要

 今回は第1回で紹介したSSDを、OSをインストールした起動ドライブ(Cドライブ)として使ったときの、実際のスピードを計測した。各SSDに同一条件でWindows 7 Home Premium SP1(64bit)をインストールして、各種ベンチマークテストを計測した。

 ベンチマークテストには「Windowsエクスペリエンスインデックス」「CrystalDiskMark」「PCMark 7」を使用している。なお、OCZ「Vertex 4」の256GBモデルが入手できなかったため、128GBモデルを使用した。公称スペック値的には、最大書き込み速度に若干の違い(128GBの方がやや遅い)があるが、この点をご了承いただきたい。

 テストに使用した機材は以下のとおり。なお、各SSDはSATA3.0(6Gbps)で接続している。各SSDの詳細については、第1回を参照のこと。

テスト機材の主な仕様
CPU Core i5-2400S(2.50GHz)
マザーボード GIGABITE GA-Z68MA-D2H-B3/G3
メモリー 8GB(4GB×2、DDR3-1333)
SATA SATA3.0(6Gbps)
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit

Windowsエクスペリエンスインデックス

 まずはWindows 7標準のスコアリングシステムである「Windowsエクスペリエンスインデックス」での、各SSDの計測結果を以下に示す。

Vertex 4(VTX4-25SAT3-128G)Samsung SSD 830(MZ-7PC256)
PX-M3P(PX-256M3P)Intel SSD 520(SSDSC2CW240A3K5)
Windowsエクスペリエンスインデックスの比較グラフ(長い方が高速)

 SSD 830、PX-M3P、SSD 520の3製品で、「プライマリHDD」のスコア(赤枠内)がWindowsエクスペリエンスインデックス上限である「7.9」に達している。Vertex 4は上限から下だったものの、それでも7.7というスコア。Windowsエクスペリエンスインデックスの観点からいえば、いずれのSSDも十分快適なストレージとして利用できることとなる。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART